Rakuten infoseek

辞書

アイアス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイアス
Aias; Ajax
ギリシア神話の人物。
(1) 大アイアス サラミス王テラモンの子。『イリアス』ではアキレウスに次ぐ英雄として,アキレウスが後方にひきこもったあと,ギリシア陣営の主軸としてトロイ軍と戦った。アキレウスの死後,その鎧をオデュッセウスと争ったが敗れた。ソフォクレスの悲劇『アイアス』では,彼は絶望の結果気が狂い,ヒツジの群れをギリシア軍勢と見誤って切り殺したあげく,戦利品であるヘクトルの剣で自殺した。
(2) 小アイアス ロクリス王オイレウスの子,トロイ遠征に参加。小柄であるが,アキレウスに次ぐ駿足の持主であった。トロイ陥落のおり,カッサンドラアテナ女神の神像の前で犯し,この罪の罰である石打ちの刑は危うく逃れたが,帰国の途次,船が難破し,岩に漂着したところをポセイドンによって溺死させられたとも,アテナにより雷で打たれて死んだともいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイアス
Aias
ギリシアのソフォクレスの悲劇。トロイ伝説に取材した作品で,現存するソフォクレスの悲劇のなかで最も古いものとされている。アキレウスの死後,アイアスは名誉を奪われたくやしさに発狂し自殺する。劇の後半部はアイアスの埋葬礼の是非についての論争とその決着が主要部分を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイアス【IaaS】[infrastructure as a service]
infrastructure as a service》⇒イアース(IaaS)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイアス【Aias】
ギリシア伝説の2人の英雄。ともにトロイア戦争で活躍した。(1)サラミス王テラモンTelamōnの子。巨大な体軀の持主で,大アイアスとも呼ばれる。武勇一点張りの闘将として,つねにギリシア軍の先頭に立って奮戦,しばしばトロイア軍の総大将ヘクトルと闘った。アキレウスの死後,その遺品の武具をめぐってオデュッセウスと争い,それがオデュッセウスに与えられたとき,憤慨のあまり発狂した彼は羊群を仇と信じて殺戮(さつりく)したが,正気に戻ってからみずからの行為を恥じて自害した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイアス【Aiās】
ギリシャ神話の英雄。サラミス王テラモンの子。トロイ戦に出征。アキレウスの死後、オデュッセウスと争って敗れ、逆上して味方の諸将を殺そうとするが、アテナによって錯乱させられ、羊を殺す。錯乱からさめて後、自害。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイアス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイアスの関連情報

他サービスで検索

「アイアス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.