Rakuten infoseek

辞書

をや【ヲヤ】

デジタル大辞泉

を‐や
[連語]
《格助詞「を」+係助詞「や」》疑問を表す。…を…(だろう)か。
「水の落ち足(=水ガ引キハジメルノ)―待つべき」〈平家・九〉
《間投助詞「を」+間投助詞「や」》
(活用語の連体形に付いて)強い感動・詠嘆を表す。…(だ)なあ。…ことよ。
「もてひがみたること好み給ふ御心なれば、御耳とどまらむ―、と見たてまつる」〈若紫
(名詞・助詞に付く。「いわんや…(において)をや」の形で)反語表現の文を強調する意を表す。まして…においてはなおさらである。…はいうまでもないことである。
「いかにいはんや、七道諸国―」〈方丈記
[補説]2漢文訓読からの用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

をや
( 連語 )
〔間投助詞「を」に間投助詞「や」の付いたもの〕
詠嘆の意を表す。 「相思はぬ人-もとな白たへの袖ひつまでに音のみし泣かも/万葉集 614」 「後やすくのどけき所だに強くは、うはべの情はおのづからもてつけつべきわざ-/源氏 帚木
(「いはんや…をや」の形で用いられて)反語の意を表す文に詠嘆の意を添える。まして…においてはなおさらである。まして…は言うまでもない。 「釈種は善法を修行して一の虫をだに殺さず、いかにいはんや人-/今昔 2」 「善人なをもちて往生をとぐ、いはんや悪人-/歎異抄」
〔格助詞「を」に係助詞「や」の付いたもの〕 「を」は、その上の語句を対象として取り上げて下の用言に結び付け、それに対する疑問の気持ちを「や」によって表す。 「をみなへしおほかるのべにやどりせばあやなくあだの名-たちなむ/古今 秋上」 「隔てなきとはかかる-言ふらむ/源氏 総角」 〔
は漢文訓読文から出た言い方〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

を‐や
[1] (間投助詞の「を」と「や」とが重なったもの)
詠嘆を表わす。
※万葉(8C後)四・六一四「相思はぬ人乎也(ヲヤ)もとな白栲(たへ)の袖ひつまでにねのみし泣かも」
※平家(13C前)一〇「けふはかくやつれはて給へる御ありさま、かねてはおもひよらざっしをや」
② 「いわんや…(…において)をや」の形で用いられ、「まして…においてはなおさらである」「まして…は言うまでもない」の意を表わす。→補注(1)。
※観智院本三宝絵(984)上「況や〈略〉罪を滅す願ひを満て給ふ事伊坐しし時に不異(ことなら)ぬをや」
※歎異抄(13C後)三「善人なをもちて往生をとぐ、いはんや悪人をや」
[2] (格助詞の「を」に疑問の意の係助詞「や」の付いたもの) 疑問を表わす。→補注(2)。
※万葉(8C後)七・一三八一「広瀬川袖つくばかり浅き乎也(ヲヤ)心深めて吾が思へるらむ」
※宇治拾遺(1221頃)一「かの翁がつらにある癭(こぶ)をやとるべき。癭は福のものなれば、それをや惜み思ふらん」
[補注](1)(一)②の用法は漢文訓読的表現で、「いわんや」が反語の意を担い、「をや」は詠嘆を表わす。
(2)「万葉集」では、「を」が格助詞である場合も、それを受けた「や」が純粋の疑問を表わすことはなく、極めて詠嘆性の強い疑問である。したがってその「や」は、あるいは間投助詞とすべきものかもしれない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

をや」の用語解説はコトバンクが提供しています。

をやの関連情報

他サービスで検索

「をや」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.