Rakuten infoseek

辞書

をは【をは】

大辞林 第三版

をは
( 連語 )
〔間投助詞「を」に係助詞「は」が付いたもの。中古語〕
文末にあって、詠嘆の意を表す。 「さる方にて捨てがたきもの-とて、式部を見やれば/源氏 帚木」 「かやうの事めで給ふとては、わらひ給へど、いかでかなほをかしきもの-/枕草子 313」 〔「は」が連濁により「をば」となることも考えられるが、用例がすべて中古の仮名文献なので、確認はできない〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

を‐は
(間投助詞「を」に終助詞的用法の係助詞「は」が付いたもの) 文末にあって詠嘆を表わす。
※枕(10C終)三一三「かやうの事めで給ふとては、わらひ給へど、いかでか、なほをかしきものをは」
[補注]この用法は奈良時代に見られないので「は」が連濁を起こしているか否か不明。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

をは」の用語解説はコトバンクが提供しています。

をはの関連情報

他サービスで検索

「をは」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.