Rakuten infoseek

辞書

われわれ意識【われわれいしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

われわれ意識
われわれいしき
we-consciousness; we-feeling
集団の成員が成員相互間に共通の意識をもっているだけでなく,一つの主体として集団を意識している場合の意識をいう。われわれ意識は集団を形成,維持する際に,成員の主観的側面において重要な役割を果す。それは,成員の心理において自我中心的行為を集団中心的行為に転換し,集団の生産性や凝集性に大きく関係する。また,集団の危機的状況においては,われわれ意識は強化され,外集団に対しての憎悪と内集団に対する忠誠を増幅し,集団はより閉鎖的となる。民族中心主義はその好例。このことは,われわれ意識が,非合理的な感情根底においていることを教えてくれる。 R. M.マッキーバーは,コミュニティー感情の中心にわれわれ意識を据え,人が土地と結びつくとき,われわれ意識は特に強固なものになるとしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

われわれいしき【われわれ意識】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

われわれ意識」の用語解説はコトバンクが提供しています。

われわれ意識の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.