Rakuten infoseek

辞書

【ロ】

デジタル大辞泉

ろ[五十音]
五十音図ラ行の第5音。歯茎弾き音の有声子音[r]と母音[o]とから成る音節。[ro]
平仮名「ろ」は「」の草体から。片仮名「ロ」は「呂」の初3画から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ[助動]
[助動]ろう[助動]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ[間助]
[間助]上接の語句を強調し、感動の意を添える。
(文中用法)連用修飾語に付く。
「児ろが上に言(こと)を―延へていまだ寝なふも」〈・三五二五〉
(文末用法)活用語の終止形・命令形に付く。
「白雲の絶えにし妹(いも)をあぜせ―と心に乗りてここばかなしけ」〈・三五一七〉
[補説]12とも上代東国方言。2現代語の「見ろ」「受けろ」「しろ」などの命令形語尾「ろ」となるものといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ[接尾]
[接尾]上代東国方言。名詞、または形容詞の連体形に付いて、親愛の意を表し、また、語調をととのえるのに用いる。
「我が家(いは)―に行かも人もが草枕旅は苦しと告げやらまくも」〈・四四〇六〉
「常なりし笑まひ振舞(ふるまひ)いや日異(け)に変はらふ見れば悲しき―かも」〈・四七八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図ラ行第五段の仮名。歯茎弾き音の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「ろ」は「呂」の草体。片仮名「ロ」は「呂」の初三画。 〔奈良時代までは、上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 )
〔中世以降の推量の助動詞「らう」の転。近世上方語〕
…だろう。 「定めし昨日請け取つつ/浄瑠璃・生玉心中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔ラ行五(四)段・ラ行変格活用の動詞およびそれと同じ活用型の助動詞や、形容詞・形容動詞およびそれと同じ活用型の助動詞の未然形語尾の「ろ」に助動詞「う」が付いた「ろう」の転〕
話し言葉でのくだけた言い方に用いられる。「取ろ・有ろ・よかろ・きれいだろ・…だろ」などの「ろ」。 「これ、きれいだ」 「いっしょに行ってくれるだ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 間投助 )
〔上代語〕
文の終わり、または文中の連用修飾語に付いて、感動の意を添えて聞き手に働きかけるのに用いられる。
文の終わりに用いられる場合。 「相見ては月も経なくに恋ふと言はばをそ-と我あれを思ほさむかも/万葉集 654」 「白雲の絶えにし妹いもをあぜせ-と心に乗りてここばかなしけ/万葉集 3517」 「荒雄らは妻子めこの産業なりをば思はず-年の八年やとせを待てど来まさず/万葉集 3865
文中の連用修飾語に付く場合。 「夕占ゆうけにも今夜こよいと告らろ我が背なはあぜそも今夜こよいよし-来まさぬ/万葉集 3469」 〔この語は、東歌・防人歌などの上代東国方言に多くみられる。文末用法のうち、動詞の命令形に付く場合は、命令形の活用語尾「よ」に相当するものとみなされる。近世江戸語以降の上一段・下一段・サ変の動詞の命令形(「見ろ」「落ちろ」「受けろ」「しろ」など)にみられる「ろ」は、この語の遺存したものとみられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接尾 )
〔上代語〕
名詞または形容詞の連体形に付き、親愛の情を表し、また、語調を整えるのに用いる。 「片淵に網張り渡し目-寄しに寄し寄り来ね/日本書紀 神代下」 「下野三毳みかもの山のこ楢のすまぐはし児-は誰が笥か持たむ/万葉集 3424」 「日下江くさかえの入江の蓮はちす花蓮身の盛り人羨ともしき-かも/古事記 」 〔形容詞の連体形に付く場合は、常に下に係助詞「か」「も」を伴う〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第9行第5段の仮名で、平仮名の「ろ」は「呂」の草体からでき、片仮名の「ロ」は「呂」の初画からできたものかと考えられている。万葉仮名には甲乙2類あって、甲類に「路、漏、盧、樓、露、魯(以上音仮名のみ)」、乙類に「里、呂、侶、慮、廬、稜(以上音仮名のみ)」などが使われた。ほかに草仮名としては、「(呂)」「(路)」「(露)」「(婁)」などがある。
 音韻的には/ro/で、舌先が歯茎あるいはその付近に対して1回だけはじく有声音[r]を子音にもつが、場合によって[l]が用いられることもある。和語に関する限り、擬声・擬態語を除いて「ろ」が語頭にたつことはない。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものと考えられる。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘間投助〙 感動をもって聞き手に働きかける。上代では大半が東歌防人歌に用いられる。
(イ) 終止した文に付く。中央語の「よ」「や」にあたる。→補注
※万葉(8C後)四・六五四「あひ見ては月も経なくに恋ふといはばをそ(ロ)と吾れを思ほさむかも」
※洒落本・妓情返夢解(1802)一「あきらめてくれ
(ロ) 文中の連用文節に付く。
※万葉(8C後)一四・三四六九「夕占(ゆふけ)にも今宵と告(の)らろ我が夫(せ)なはあぜそも今宵よし(ロ)来まさぬ」
[補注](イ)の用法のうち命令形に付くものは、上代において東歌および九州の志賀の海人の妻子の歌(山上憶良作の説が有力)だけに現われるが、「塵」「ロドリゲス日本大文典」の記載もこれと矛盾せず、現代語でも関東方言のほか九州に見られる。したがって、中古の例には欠けるが、地方語として使われ続けていたと考えられる。「ろ」を含めて動詞の命令形とすることが多いが、「よ」と同様、元来は助詞である。→接尾語「ろ」・「ろ」の補注

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接尾〙 名詞または形容詞連体形に付いて親愛の情を表わし、また、語調を整えるのに用いる。
(イ) 名詞に付く場合。
古事記(712)下・歌謡「広り坐すは 大君呂(ロ)かも」
(ロ) 形容詞の連体形に付く場合。
※古事記(712)下・歌謡「身の盛り人 羨(とも)しき呂(ロ)かも」
[補注](1)用例は、記紀歌謡と、「万葉集」の東歌・防人歌や「常陸風土記」のような上代東国の歌にほとんど集中している。
(2)名詞に付くことが主であるところから、この「ろ」を形式名詞として、上接の語を含めた全体を体言相当語とする説もある。
(3)係助詞の終助詞的用法である「か」「も」を下に伴って「ろかも」の形をとる例には、間投助詞とする説や「ろかも」で終助詞とする説もあるが、間投助詞は係助詞・終助詞のすぐ下には付いても上には付かないところから考えると無理である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(推量助動詞「らむ」が「らう・ろう」を経て変化したもの) …だろう。
説経節・説経苅萱(1631)下「これにつけてもいしどうが、こころのうちのさぞあるろ」
[補注]ラ行四段・ラ行変格活用の語が助動詞「う」を伴うときの語尾も「ろ」になることがある。「取ろ」「有ろ」「よかろ」「じゃろ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ろの関連情報

他サービスで検索

「ろ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.