Rakuten infoseek

辞書

ろうず【ロウズ】

デジタル大辞泉

ろうず
《「ろず(蘆頭)」の音変化か》できそこないや、傷・よごれのため、売り物にならないもの。転じて、役に立たない人。
「品物の―も出るから儲かるほどに金は残らんがね」〈魯庵社会百面相

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろう‐ず ‥ヅ
〘名〙 (「ろず(蘆頭)」の変化した語か) 傷がつくなどして売物とならない商品。保管中に生ずる商品の損害。転じて、役に立たない者などをいう。ろうずもの。
※雑俳・柳多留‐二(1767)「虫うりのむごったらしいらうずが出」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろうず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ろうずの関連情報

他サービスで検索

「ろうず」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.