Rakuten infoseek

辞書

れる【レル】

デジタル大辞泉

れる[助動]
[助動][れ|れ|れる|れる|れれ|れろ(れよ)]五段動詞未然形サ変動詞の未然形「さ」に付く。
受け身の意を表す。「満員電車で足を踏また」「彼はみんなに好かている」
可能の意を表す。…することができる。「わかりやすい道だから子供でも行かれるだろう」
自発の意を表す。自然と…られる。つい…られてくる。「故郷に残した両親のことが思い出される
軽い尊敬の意を表す。「先生も山に行かたそうですね」→られるらる
[補説]23の用法には命令形はない。1のうち、「犬にほえられて困った」のように、他からの動作により不本意とか迷惑の感情が加わるものを「迷惑の受け身」、無生物が受け身の主語となるものを「非情の受け身」とよぶことがある。後者は明治以降、翻訳文の影響などによって急速に増加した。また、現代語では、可能動詞や「することができる」という表現などがあるため、2の表現はあまり用いられない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

れる
( 助動 ) ( れ ・れ ・れる ・れる ・れれ ・れろ(れよ) )
〔自発・受け身・可能・尊敬の助動詞「る」の口語形。中世以降の語〕
受け身・可能・自発・尊敬の助動詞。下一段型活用。ただし、可能・自発・尊敬の意を表す場合には、命令形は用いられない。五段活用動詞の未然形、およびサ行変格活用動詞の未然形の「さ」に付く。
受け身の意を表す。
動作・作用の主体の利害に関係するもの。 「いつの間にか財布を盗また」 「今度の改選で委員長に選ばた」 「うっかり手を出したら、犬にかみつかてしまった」
動作・作用を主体が受けるもの。利害の感情を伴わない。 「負傷者が続々と病院に運ばてきた」 「新たに名簿に登録されることになった」 「必要に応じて適切な処置がとられる
動作・作用の結果または状態を表すことに重点を置くもの。無生物あるいは非情のものを主語とする場合で、非情の受け身とも呼ばれる。 「会議はこんどの土曜日に開かれる」 「机の上にはたくさんの本が積まてある」
動作・作用の主体に害が及ぶもの。自動詞に付いた場合が多く、迷惑の受け身とも呼ばれる。 「せっかくの海外旅行も毎日雨に降らて、少しもおもしろくなかった」 「ずっと妻に寝込まて閉口している」
可能の意を表す。
動作・作用が主体の能力によって実現可能なことを表す。 「駅までなら一〇分で行かれるだろう」 「子供でも登られる山だ」
動作・作用の遂行が許容されていることを表す。 「忙しくてじゅうぶん休養もとらない」 「勝手な遅刻や早退は許さません」
動作・作用の対象の力によって、その実現が可能であることを表す。 「優勝の期待が持たれるのはマラソンだけだ」 「ふたをあけてみなければ、何とも言わない」
動作・作用の対象の能力・程度などを評価することを表す。 「あの人なら、子供の世話ぐらいはまかされる」 「何とか読まれる程度の文章にはなった」
自然にそうなる意、すなわち自発の意を表す。心情的な表現に用いられることが多い。 「そういう話を聞くと、つい遠い昔のことが思い出される」 「あの人の生前がしのばれる遺品の数々が展示されている」
尊敬の意を表す。動作の主体に対する敬意を表す。 「先生は明日成田をたって、アメリカに行かれる」 「今度新たに着任さた方々をお招きして、歓迎会を開きましょう」 〔 (1) 「られる」と意味・用法は同じであるが、未然形がア段となる動詞には「れる」が付き、それ以外の場合は「られる」が付くというように、接続のしかたに分担がある。 (2) サ変動詞に接続する場合、「出席される」のように、未然形のうち「さ」に「れる」が付くのが普通であるが、書き言葉でのやや改まった言い方では、「出席せられる」のように、未然形のうち「せ」に「られる」が付くこともある。 (3) の可能の意では、現代語では普通「行ける」「登れる」などのように、可能動詞で表すことが多い〕 → る(助動)られる(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れる
〘助動〙 (活用は「れ・れ・れる・れる・れれ・れろ、れよ」。下一段型活用。四(五)段活用動詞の未然形、およびサ変動詞未然形の「さ」に付く) る
(活用は「れ・れ・る・るる・るれ・れよ」。下二段型活用。四段活用・ナ行、ラ行変格活用の動詞の未然形に付く) 自発・受身・可能・尊敬の助動詞。
① 自発を表わす。ある動作、主として心的作用が自然に無意識的に実現してしまうことを示す。命令形は用いられない。
※万葉(8C後)一四・三三七二「相模道(さがむぢ)のよろぎの浜の砂(まなご)なす児らは愛(かな)しく思は流留(ルル)かも」
※徒然草(1331頃)一五七「筆を執れば物書かれ、楽器を取れば音をたてんと思ふ」
② 受身を表わす。他から何らかの動作作用の影響を受ける意を表わす。受身とともに迷惑や恩恵をこうむっている気持を、合わせて表現することが多い。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)四月一日・宣命「男のみ父の名負ひて、女はいは礼(レ)ぬ物にあれや」
※徒然草(1331頃)二一八「狐は人に食ひつくものなり。堀川殿にて舎人(とねり)が寝たる足を狐に食はる」
③ 可能を表わす。…することができる。古代は、否定の表現を伴って不可能の意を表わすのに用いられるのが普通であったが、中世末以降、打消を伴わないで可能の意を表わすのにも用いられる。この意味では、命令形は用いられない。
※万葉(8C後)二〇・四三二二「我が妻はいたく恋ひらし飲む水に影(かご)さへ見えて世に忘ら礼(レ)ず」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「御胸つと塞(ふた)がりてつゆまどろまれず、明かしかねさせ給ふ」
④ 尊敬を表わす。他人の動作を表わす語に付いて、敬意を示す。「給う」などよりは軽いといわれ、多く本来敬意を含んでいる動詞に付く。中古以降の用法で、中古の漢文訓読、中古末の和漢混淆文などに例が多いが、かな文学作品では比較的少ない。現代では、他の尊敬表現に比べて文語的表現という感じが強い。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)五「善女天、若疑惑有らば、汝が意に随て問は所(レ)よ」
※大和(947‐957頃)御巫本附載「いな、気色取りつれば逢ふべくもあらず。早う帰へられぬ」
[語誌](1)「られる(らる)」と意味・用法は等しいが、未然形がア段となる動詞には「れる(る)」が付き、それ以外の場合は「られる(らる)」が付く、というように、接続に分担がある。ただし、近年「られる」を使うべきところに「れる」を代行させる例が、特に口語の可能表現に多くみられるようになっている。「『もう三年も生きれたら有難い』と云ってゐた」〔蟹工船〈小林多喜二〉一〕など。→ら抜き言葉
(2)上代では、「ゆ」の形をとることが多く、「る」は中古以降に多く用いられるようになる。中世には連体形「るる」が終止法として用いられるようになり、命令形には「れい」が現われ、やがて一段活用化して「れる」となる。
(3)「られる(らる)・れる(る)」の受身は、英語などの受身と異なり、単純な他動詞ばかりでなく、「肩を叩かれる」「酒を飲まれる」のように目的語を伴った他動詞に付く場合、また、「彌勒から雨に降られて閉口して了(しま)ひました」〔田舎教師〈田山花袋〉四〕のように、自動詞に付く場合もある。なお、「迷惑の受身」などと呼ばれるものは、自動詞に付いた場合が多い。
(4)サ変動詞に付く場合、現在では「愛される」のように、語尾「さ」に続くのが普通であるが、古くは、「愛せられる」「愛しられる」のように「せ」「し」に「られる」が付いた。
(5)動詞の活用語尾に準ずるものとして接尾語とする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

れるの関連情報

他サービスで検索

「れる」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.