Rakuten infoseek

辞書

りゅうびんたい【リュウビンタイ】

デジタル大辞泉

りゅうびん‐たい
リュウビンタイ科の常緑シダ。暖地の山林中に生える。太い根茎に厚い托葉がうろこ状につく。葉は長さ1~2メートルの羽状複葉羽片披針形で厚くてつやがあり、平行に走る脈が目立つ。裏面の縁近くに胞子嚢(ほうしのう)群をつける。うろこしだ。りゅうりんたい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうびん‐たい
〘名〙 シダ類リュウビンタイ科の常緑多年草。伊豆半島以西の暖地の湿った林中に生える。高さ一~三メートル。葉は二回羽状複葉で長さ二~三メートル。小羽片は広披針形または楕円形で、長さ一〇センチメートル内外。葉柄の基部に一対の耳状の托葉がある。胞子嚢群は長楕円形で葉の裏の縁近くにつく。漢名、観音座蓮。りゅうりんたい。うろこしだ。〔物品識名(1809)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅうびんたい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

りゅうびんたいの関連情報

他サービスで検索

「りゅうびんたい」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.