Rakuten infoseek

辞書

よう【ヨウ】

デジタル大辞泉

よう[感]
[感]
気軽く人を呼んだり、あいさつしたりするときの呼びかけの語。「よう、元気かい」
物をねだったり、せがんだりするときに発する語。「よう、頼むよ」
ほめそやすとき、ひやかすときなどに発する語。「よう、いいぞ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう[助動]
[助動][○|○|よう|(よう)|○|○]上一段・下一段・カ変・サ変動詞の未然形、助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」などの未然形に付く。なお、サ変には「し」の形に付く。
話し手の意志・決意の意を表す。「その仕事は後回しにしよう
「埒(らち)あき次第起こしに来い。明日顔見よう」〈浄・生玉心中
推量・想像の意を表す。「会議では多くの反論が出されよう
「うばも待て居よう程にはよう行れよ」〈浮・風流夢浮橋〉
(疑問語や終助詞「か」を伴って)疑問・反語の意を表す。「そんなに不勉強で合格できようか」
(多く「ようか」「ようよ」「ようではないか」などの形で)勧誘や、婉曲(えんきょく)な命令の意を表す。「その辺で一休みしようよ」「みんなで行ってみようではないか」
「かかさん、ねんねしよう」〈洒・甲駅新話〉
(「ものならば」などを伴って)仮定の意を表す。「失敗なんかしようものなら許しませんよ」
「一生のうちに一度でも天晴(あっぱ)れ名作が出来ようならば」〈綺堂修禅寺物語
実現の可能性の意を表す。「あの男がそんな悪いことをしようはずがない」
(「ようとする」「ようとしている」の形で)動作・作用が実現寸前の状態にある意を表す。「秋の日は早くも西の山に没しようとしている」→
[補説]室町末期ごろ、推量の助動詞「む」の変化形「う(うず)」が上一段動詞、たとえば「射(い)る」「見る」に付いて音変化した語形「よう」「みょう」から「(射・見)よう」が分出されたのが始まりで、江戸時代に入ってしだいに一語化したと言われる。連体形は、56のように形式名詞「もの」「はず」「こと」などを下接する用法が普通で、主観的な情意を表現する終止形に比し、客観性のある表現に用いられる。なお、2は現代では、ふつう「だろう」を用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

よう
( 感 )
呼び掛けの語。多く親しい間柄の男どうしが使う。やあ。 「 -、しばらく」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう
( 助動 ) ( ○ ・○ ・よう ・ (よう) ・○ ・○ )
推量の助動詞。上一段・下一段・カ行変格・サ行変格の動詞、および「れる・られる」「せる・させる」などの助動詞の未然形に接続する。ただし、サ行変格活用の動詞では「し」の形に付く。その意味・用法は、接続のしかた以外の点では、推量の助動詞「う」に同じ。
話し手の意志・決意を表す。 「今度こそはテストを受けてみよう」 「勉強を片付けてから、バイオリンの練習をすることにしよう
勧誘や婉曲な命令を表す。下に「か」「じゃないか」などが付いて、意味を強めることがある。 「いっしょにジョギングでもしよう」 「少しおなかがすいてきた。すしでも食べようか」
話し手の推量や想像を表す。また、婉曲表現をつくる。 「いまは雲が多いが、午後には晴れよう」 「景気も来年あたりには好転しよう
疑問を表す語を伴って、疑問・質問・反語などを表す。 「こんな防寒具できびしい冬の寒さが防げようか」 「受け入れ準備も、来月には完了しようかといったところです」 「だれがそんな遠くまで子供を行かせられよう
許容の意を表す。 「かねで解決できようものなら、いくらでも出す」
(連体形を用いて)仮想の意を表す。 「このがけがくずれようはずがない」 「もう少しで優勝できようところを、ほんとうに惜しかった」
(「ようとする」の形で)それが実現する直前であることを表す。 「家を出ようとするところに、電話がかかってきた」 「助成金がうち切られようとしている」 〔一段活用・二段活用の動詞に推量の助動詞「む」を伴ったもの、例えば、「見む」「受けむ」などは、中世末期までに「みう」「うけう」から「みょう」「うきょう」の形に変化していたが、そこから、動詞未然形「み」「うけ」と助動詞「よう」とが分かれて、助動詞「よう」が生ずるに至った。現代語のように、五段活用の動詞には「う」が、その他の活用の動詞には「よう」が付くというように、接続のしかたを補い合うような用法が一般的になるのは近世江戸語以降のことである〕 → う(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう
〔「よ」の転。「よ」の強く発音されたもの。話し言葉でのくだけた言い方などに用いられる〕
( 終助 )
「よ(終助)」に同じ。 「すこしは手伝って-」 「疲れたぐらいで、何だ-」 「もっと早く歩け-」 「公園に行こう-」
( 間投助 )
「よ(間投助)」に同じ。 「中村君-、もう起きろ」 「映画を見に行ったら-、きょうは休みだった」 → よ(終助・間投助)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

よう
よう / 癰
隣接したいくつかの毛孔に黄色ブドウ球菌が感染しておこる化膿(かのう)性炎症で、(せつ)が一か所に集まってできたものと考えられる。ほとんどが中年以降の糖尿病をもった人の首の後ろや背中に生じ、数個の毛孔を中心として皮膚が赤く腫(は)れ、発熱と悪寒を伴って毛孔が点々と化膿する。激しい痛みがあり、化膿が進むと表面が破れて膿(うみ)が出るが、なお深部に濃い膿の塊があって、ちょうど蜂(はち)の巣か篩(ふるい)の目に膿が詰まったようにみえる。合併症としてリンパ節炎や蜂巣織炎(ほうそうしきえん)(蜂巣炎)をおこし、老人、糖尿病患者や顔に生じたときには重症となる。治療は安静にし、早期に抗生物質投与を行い、糖尿病を合併しているときにはその治療を行うことが必要である。[野波英一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう
〘感動〙
① 人を呼んだりさそったり、また、人に頼んだり、ねだったりする際にいうことば。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Yô(ヨウ) マイロウ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「ヨウ、おっかアさん。お弁当にしておくれな。ヨウ」
② 感心してほめたりひやかしたりする時、また、思いがけず出会った時などに発する声。
※虎明本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「ようあらしほらしやと思ふて」
③ 歌謡の囃子詞(はやしことば)
※歌謡・新編歌祭文集(1688‐1736頃)五〇・水木染之介冥途の正月「夢と消えにし其の名をば、聞けばいとしやよほよほよほいいいいいいいとしやと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう
〘間投助〙 =よ〔間投助〕(一)②
洒落本・角雞卵(1784か)後夜手管「じれってへヨウ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう
〘助動〙 (活用は「〇・〇・よう・よう・〇・〇」。現代語では、上一段・下一段・カ変・サ変活用の動詞および助動詞「れる・られる・せる・させる」の未然形に付く。→語誌) 意味・用法は助動詞「う」に同じ。
話し手の意志・決意を表わす。行動をともにするために他人をうながすのにも用いる。
※虎明本狂言・鍋八撥(室町末‐近世初)「某もただ是にいよう」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「サアサア、出やう出やう」
② 現在、または未来の事柄について、話し手の推量を表わす。…だろう。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一〇「あのひめ一人、もつならば、きみのちゃうふうふは、らくらくと、すぎやうことのうれしやと」
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「徳様に離れて、片時も生てゐよふか」
③ (「とする」を伴って) 動作・作用がおこる直前の状態にあることを表わす。
※出定笑語講本(1811)上「世の初天地の成(でき)ようとする時に」
④ 当然・適当の意などを表わす。…してしかるべきだ。
※歌舞伎・傾城金秤目(1792)三番目「御難儀を察し入り、申上やう詞もござりませぬ」
[語誌]一・二段活用の動詞に推量の助動詞「む」を伴ったもの、たとえば「見む」「上げむ」は、室町時代末までに「みう」「あげう」から「みょう」「あぎょう」のような融合したオ列拗長音の形に変化していたが、そこから再び動詞未然形と助動詞とが分かれて、助動詞「よう」の形を生じた。これが、近世にはいって、一・二段活用の動詞一般のこととなり、カ変・サ変にも及んだ。ただし、この変化は、東国で進んだものと思われ、現代の標準語のように、五(四)段活用の動詞には「う」が、その他の活用には「よう」が付いて、接続を補い合う用法は、近世後期江戸語で勢力を得た。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ようの関連情報

他サービスで検索

「よう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.