Rakuten infoseek

辞書

よいとまけ【ヨイトマケ】

デジタル大辞泉

よいと‐まけ
建築現場などでの地固めのとき、大勢で重い槌(つち)を滑車であげおろしすること。また、その作業を行う人。作業をするときのかけ声からいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

よいとまけ
北海道苫小牧市の株式会社三星(みつぼし)が1953年に発売した銘菓。中と表面にハスカップジャムを塗ったロールカステラ。第22回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

よいとまけ
( 名 )
建築現場などで、地ならしのために大勢が一斉に鎚つちを滑車で上げ下げすること。また、それをする人。
( 感 )
をするときの掛け声。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

よいとまけ
よいとまけ
北海道苫小牧(とまこまい)市の銘菓で、ロールケーキの一種。紙の町、苫小牧では、王子製紙が操業を始めた明治末期から昭和初期まで、パルプ材の丸太の積み卸しはすべて人力であった。製紙工場からは積み卸しに働く人々の「よーいとまけ」の掛け声が終日響いていた。その掛け声を子守唄(うた)とも童唄(わらべうた)とも聞いて育った菓舗「三星(みつぼし)」の小林正俊(まさとし)が、勇払(ゆうふつ)原野に自生するユノミ(スイカズラ科の灌木(かんぼく)の実)のジャムを、丸太に見立てたロールカステラに巻き込んでつくったのが「よいとまけ」である。[沢 史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よいとまけ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

よいとまけの関連情報

他サービスで検索

「よいとまけ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.