Rakuten infoseek

辞書

【ユ】

デジタル大辞泉

ゆ[五十音]
五十音図ヤ行の第3音。硬口蓋と前舌との間を狭めて発する半母音[j]と母音[u]とから成る音節。[ju]
平仮名「ゆ」は「由」の草体から。片仮名「ユ」は「由」の末2画の変形によるもの。
[補説]「ゆ」は、また、「きゅ」「しゅ」「ちゅ」などの拗音音節を表すのに、「き」「し」「ち」などの仮名とともに用いられる。現代仮名遣いでは拗音の「ゆ」は、なるべく小書きにすることになっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ[助動]
[助動][え|え|ゆ|ゆる|ゆれ|○]《上代語》四段・ナ変・ラ変動詞の未然形に付く。
受け身の意を表す。…れる。
「手束杖腰にたがねてか行けば人に厭(いと)はかく行けば人に憎ま」〈・八〇四〉
可能の意を表す。…ことができる。
「日な曇り碓氷(うすひ)の坂を越えしだに妹(いも)が恋ひしく忘らぬかも」〈・四四〇七〉
自発の意を表す。自然に…となる。→らゆ
「大君の継ぎて見(め)すらし高円(たかまと)の野辺見るごとに音(ね)のみし泣か」〈・四五一〇〉
[補説]「る」に先行する助動詞。2味で用いられるときは、打消しの語を伴い、不可能の意を表すことが多い。平安時代以降は「る」が使われたが、「聞かゆ」「思はゆ」などは音変化して一語化し、「聞こゆ」「おもほゆ」(さらに転じて「おぼゆ」)の形で用いられた。平安時代以降では、連体詞「あらゆる」「いわゆる」などに連体形「ゆる」の形をとどめている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ[格助]
[格助]《上代語》名詞に付く。
動作・作用の起点を表す。…から。
「朝に日(け)に見まく欲りするその玉をいかにせばかも手―離(か)れずあらむ」〈・四〇三〉
動作の移動・経由する場所を表す。…を通って。
「川沿ひの岡辺(をかへ)の道―昨日こそ我が越え来(こ)しか」〈・一七五一〉
比較の基準を表す。…に比べて。…より。
「衣手葦毛(あしげ)の馬のいなく声心あれかも常―異(け)に鳴く」〈・三三二八〉
動作の手段・方法を表す。…によって。…で。→ゆりより
「小筑波(をづくは)の繁き木(こ)の間よ立つ鳥の目―か汝(な)を見むさ寝ざらなくに」〈・三三九六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図ヤ行第三段の仮名。硬口蓋と前舌との間を狭めて発する半母音と後舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「ゆ」は「由」の草体。片仮名「ユ」は「由」の末二画の変形。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 ) ( え ・え ・ゆ ・ゆる ・ゆれ ・ ○ )
上代の自発・受け身・可能の助動詞。四段・ラ変の動詞の未然形に付く。
ある動作が自然に、また無意識的に実現してしまう意、すなわち自発の意を表す。 「慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣か/万葉集 898」 「はろはろに思ほゆるかも白雲しらくもの千重ちえに隔てる筑紫つくしの国は/万葉集 866
他から何らかの動作・作用の影響を受ける意、すなわち受け身の意を表す。 「白珠しらたまは人に知らず知らずともよし知らずとも我し知れらば知らずともよし/万葉集 1018」 「沫雪あわゆきに降らて咲ける梅の花君がり遣らばよそへてむかも/万葉集 1641
ある動作をすることができる意、すなわち可能の意を表す。実際には、打ち消しの語を伴って不可能の意を表す例のみが見られる。 「日な曇り碓氷うすいの坂を越えしだに妹が恋ひしく忘らぬかも/万葉集 4407」 〔 (1) 「らゆ」とともに、中古以降の「る」「らる」に対応する。もっとも、上代でも「る」の例は少しは見られる。 (2) 命令形の例は見られない。 (3) 中古以降は一般に用いられなくなるが、その残存形は、「いはゆる」「あらゆる」などの連体詞として、後世まで用いられる。また、「聞こゆ(「聞かゆ」の転)」、「思ほゆ(「思はゆ」の転)」、さらに「おぼゆ」などの動詞の語尾として残存するものもある〕 → らゆる(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 格助 )
〔上代語〕
動作・作用の時間的・空間的起点を示す。から。 「はしきよし我家の方-雲居立ち来も/日本書紀 景行」 「天地の別れし時-いなむしろ川に向き立ち/万葉集 1520
動作の行われる場所・経由地を示す。 「天離あまざかる鄙ひなの長道ながち-恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ/万葉集 255」 「真野の浦の淀の継ぎ橋心-も思へや妹が夢いめにし見ゆる/万葉集 490
動作の手段を示す。で。 「赤駒を山野にはかし捕りかにて多摩の横山徒歩かし-か遣らむ/万葉集 4417
比較の基準を示す。より。 「人言はしましそ我妹綱手引く海-まさりて深くしそ思ふ/万葉集 2438」 〔上代には、この語とほとんど同じ用法をもつ格助詞に「ゆり」もある。語源については、「ゆり」の補説 (1) 参照〕 → ゆりより(格助)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第8行第3段の仮名で、平仮名の「ゆ」は「」の草体から、片仮名の「ユ」は「由」の終画からできたものである。万葉仮名では「由、遊、喩、愈、瑜、踰、臾(以上音仮名)、(訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(由)」「(遊)」「(游)」などがある。
 音韻的には/ju/で、舌面と歯茎硬口蓋こうがいとを狭めて発する摩擦音[j]を子音にもつ(母音の[i]と非常に近い音なので半母音ともいう)。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘格助〙 (体言または体言に準ずるものを受けて「より」と同様に用いられる上代語)
動作・作用の起点を示す。時間的な場合と空間的な場合とがある。
書紀(720)景行一七年三月・歌謡「はしきよし 我家の方(ユ) 雲居立ち来(く)も」
② 動作の行なわれる場所・経由地を示す。時間的・空間的・抽象的な用法がある。
※書紀(720)神武即位前・歌謡「伊那佐の山の 木の間(ユ)も いゆきまもらひ」
③ 動作の手段を示す。
※万葉(8C後)一四・三三九六「小筑波のしげき木の間よ立つ鳥の目(ユ)か汝(な)を見むさ寝ざらなくに」
④ 比較の基準を示す。
※万葉(8C後)九・一七五三「うちなびく 春見まし(ゆ)は 夏草の しげきはあれど」
[補注]「書紀‐歌謡」と「万葉集」に用例が見られるのみである。語源に関しては格助詞「ゆり」の語誌を参照。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (活用は「え・え・ゆ・ゆる・ゆれ・◯」四段・ラ変動詞の未然形に付く) 自発・受身・可能の助動詞。中古の「る」に当たる。
① 自発。ある動作が自然に行なわれること、無意識的にある行為をしてしまうことを表わす。
※万葉(8C後)五・八五三「漁りする海人の子どもと人は言へど見るに知ら延(エ)ぬうまひとの子と」
② 受身。他から動作を受ける意を表わす。動作の受け手(「ゆ」が付いた動詞に対する主語)は、人間・動物など有情のものであるのがふつうで、また、その動作を受けることによって、被害や迷惑、または恩恵などを受ける意味をも含むことが多い。動作の行ない手は、「…に」の形で表現される例が多い。
※万葉(8C後)五・八〇四「手束杖(たつかづゑ) 腰にたがねて か行けば 人に厭(いと)は延(エ) かく行けば 人に憎ま延(エ)
③ (打消の助動詞を伴って) 不可能の意を表わす。
※書紀(720)斉明四年一〇月・歌謡「山越えて海渡るともおもしろき今城のうちは忘ら庾(ユ)ましじ」
[語誌](1)「らゆ」とともに、中古以降の「る」━「らる」に対応する。ただし、上代にも「る」の例は少数ある。命令形は現われない。
(2)語源上、「見ゆ」「燃ゆ」「消ゆ」「絶ゆ」など、いわゆる他動詞を対応形にもつヤ行下二段動詞の語尾と同じもので、作用を自然に発動する変化またはその状態としてとらえるのが原義と考えられる。それが、「見ゆ」にも「人に見ゆ」(見られる意)などの用法のあるように、受身の意味を明らかにするために用いられ、一方、否定を伴うと、不可能の意を示すことになった。
(3)四段活用動詞の未然形に付くものを助動詞として取り扱うが、「思ふ」「聞く」に付いた場合のように、早く「思ほゆ」(さらに「おぼゆ」)「聞こゆ」となって、一動詞の語尾として扱われるものがある。
(4)上一段活用動詞「射る」について、「射ゆ」の受身用法の例があり、これを普通に助動詞の「ゆ」と説く。「書紀‐斉明四年五月・歌謡」の「射喩(ユ)(しし)を認(つな)ぐ川上(かはへ)の若草の若くありきと我が思(も)はなくに」や「万葉‐三八七四」の「所射(いゆ)鹿を認ぐ川辺のにこ草の身の若かへにさ寝し子らはも」など。そのほか枕詞に用いた「所射(いゆ)ししの」もある。これらはすべて「ゆ」の形を連体法に用いており、しかも「しし」につづく固定的な表現であるが、「見ゆ」に合わせて、古くは上一段動詞にも「ゆ」が付いたとすることができよう。
(5)中古には、漢文訓読に「地蔵十輪経元慶七年点‐七」の「当来に有ら所(エ)む罪咎を防護すべし」のように、多少引き継がれ、また、「あらゆる」「いはゆる」のように連体詞として固定したものが後世まで用いられたほかは、一般に「る」に代わった。なお、ラ変動詞「あり」に付くのは、漢文の「所有」の訓読のために生じた語法か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゆの関連情報

他サービスで検索

「ゆ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.