Rakuten infoseek

辞書

ゆた【ユタ】

デジタル大辞泉

ゆた
奄美・沖縄諸島で、占いを職業とする巫女(みこ)。祝女(のろ)根神(ねがみ)などの正式の司祭者とは別の存在。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆた
沖縄本島を中心に南西諸島で活躍する民間女。同じ部類に宮古島の〈カンカカリヤ〉,八重山群島の〈ムヌチ〉〈ニガイビ〉などがあり,〈トキユタ〉ともいわれる。語源は明らかでないが,よくしゃべることを〈ユタ口〉とか〈ユタユン〉ということから,神ダーリ(神がかり)にはいり,あらぬことをしきりに口走る様相をいい表したともいわれる。ウラル・アルタイ地方のシャーマンのユタカンに由来するとの説もある。ユタは神ダーリの巫病にかかり巫家を歴訪し,ウタキ(御嶽),グスク(城)などの聖地を巡って捜神の遍歴をつづけるうちに巫神の憑依をうけて成巫となる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ゆた
奄美・沖縄地方で、霊的能力によって託宣・卜占・病気治療などを行う者。大部分は女性。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゆた
ゆた
琉球(りゅうきゅう)列島で、職業的な占い者のこと。女性が普通である。神意をうかがい、判じ事をするほか、口寄せをする者もいる。奄美(あまみ)諸島や沖縄諸島ではゆた、宮古列島や八重山(やえやま)列島ではムヌス(物知り)などとよぶ。首里(しゅり)王府の文書では「よた」と書く。現代でも多くの利用者があるが、悩み事の原因の判じは、たいていは祖先祭祀(さいし)や神信仰が足りないという「拝み不足」である。ゆたは、小さいときから異常な宗教的な精神現象を体験した人が、しだいに自覚して宗教体験を積み、占い者になることが多い。最終的には先輩のゆたについて宗教的な経験を積み、独立するらしい。奄美諸島には整った成巫(せいふ)儀礼があるが、明らかに修験道(しゅげんどう)の影響がある。
 ゆたの本場といわれる沖縄本島の与勝(よかつ)半島では、ゆたは門中(もんちゅう)の祭祀について占いをする神役で、一般の人の求めに応じての占いもするという。那覇市などでは、マブイワカシ(魂(まぶい)別かせ)といって、四十九日に死者の霊を後生(ごしょう)に送る儀礼があり、ゆたが口寄せをして、死者のことばを伝えるが、地方では親族の老女が行うという。これも門中のゆたが口寄せをしたのが原形かもしれない。首里王府の女官にも「よたのあむしられ」がいた。「あむしられ」は女官の敬称である。この「よた」は、聞得大君(きこえおおぎみ)の行列の先導などをする役であるが、やはり占いをする王府のゆたであろう。1728年に王府は、ゆたの弊害を重視して禁止の布達を出すが、このとき王府の「よた」も廃止したという。その後も、ゆたの発言が民衆を惑わすとして、しばしば社会問題になり取締りが行われたが、ゆたの人気は今日なお衰えていない。[小島瓔

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゆたの関連情報

他サービスで検索

「ゆた」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.