Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ゆかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゆかた
浴衣とも書く。男女の用いる湯上がりのくつろぎ着。元来は湯帷子 (ゆかたびら) といって,麻のきものであった。一般に用いられるようになったのは盆踊りが盛んとなった室町時代末期からで,当時は盆帷子ともいった。江戸時代に入って木綿が普及するにつれ,帷子に代って木綿物が多くなり,さらに越後縮明石縮なども用いられ,柄も最初の大胆な大柄から中型に変っていった。また,洗濯のきくところから,明治に入ると湯上がり着としてばかりでなく,夏季に日常着としても用いられるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆかた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゆかたの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.