Rakuten infoseek

辞書

やんす【ヤンス】

デジタル大辞泉

やんす[助動]
[助動][やんせ・やんしょ|やんし|やんす|やんす|○|やんせ]動詞の連用形、断定の助動詞の連用形「で」に付く。
尊敬の意を表す。…なさる。
「ほほこれは皆若い衆、寒取前で精が出やんすよ」〈浄・双蝶蝶
丁寧の意を表す。…ます。
「今はかういふ顔がはやりやんす」〈洒・品川楊枝〉
[補説]もと近世前期の上方の遊女語で、後期には一般化するとともに2に限られるようになった。語源については諸説あって、「あります」「やしゃります」「あんす」などの音変化とみる説がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やんす
( 助動 ) ( やんせ(やんしよ) ・やんし ・やんす ・やんす ・ ○ ・やんせ )
〔近世語〕
活用語の連用形に付く。
尊敬の意を表す。…なさる。 「如何様に言ひやつたてて言ひ負けて居ませうかいの、放しやんせ/歌舞伎・浅間嶽」 「まあ、そんな物、逈つてきやんしよ/浄瑠璃・忠臣蔵」
丁寧の意を表す。ます。 「ほんにこはい夢を見やんした/歌舞伎・心中鬼門角」 「松さきへ上下を二どこいで、堀ゐも二はいあけて来やんした/洒落本・遊子方言」 〔 (1) 語源については、「やしゃんす」から、「やりんす」から、「あんす」からなど、諸説があるが、まだ定説化したものはない。 (2) は上方語で、近世前期には主として遊女が用いたが、後期には一般化した。は上方語・江戸語に用いられている〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やんす
〘助動〙 (活用は、「やんせ(やんしょ)・やんし・やんす・やんす・◯・やんせ」)
[一] 活用語連用形に付き、尊敬の意を表わす。上方で用いられた語。近世前期には遊女語であったが、後期には一般化している。
※浮世草子・風流夢浮橋(1703)三「こんな所へきやんすは、どふしたこと」
[二] 活用語の連用形に付き、丁寧の意を表わす。上方・江戸ともに使用。
※色茶屋頻卑顔(1698)「もしさけがまいりたくは、かふてきてしんじやんしょ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やんす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やんすの関連情報

他サービスで検索

「やんす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.