Rakuten infoseek

辞書

やわか【ヤワカ】

デジタル大辞泉

やわ‐か〔やは‐〕
[副]《副詞「やわ」+係助詞「か」から》
反語の意を表す。どうして…しようか。
「いかなる新田殿とも宣へ、―堪(こら)へ候ふや」〈太平記・一七〉
《下に打消しの推量の表現を伴って》よもや。まさか。
「―さやうには仰せられ候ふまじ」〈謡・檀風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やわか
( 副 )
〔「か」は係助詞〕
反語の意を表す。どうして…しようか。 「 -怺こらへ候や/太平記 17
万が一にも。よもや。 「 -さやうには仰せられ候まじ/謡曲・檀風」
それでもなお。 「御内方へとは大やうなり、-通ると広言して/曽我 9

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やわ‐か やは‥
〘副〙 (副詞「やわ」に係助詞「か」の付いてできたもの)
① 反語表現に用いて、強い打消の気持を表わす語。どうして。何として。いかでか。やわや。→ようか
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「縦番匠が鑿にてうち候とも、やはか輙是ほどは通り候べき」
※太平記(14C後)一七「長刀に取付き敵の中へわり入る程ならば、何なる新田殿なり共やわか怺へ候や」
② (打消の推量表現と呼応して) その事態が決してありえないという気持を強めていう語。よもや。まさか。やわや。→ようか
曲・烏帽子折(1480頃)「たとひ大勢ありといふとも、表に進む兵を、五十騎ばかり斬り伏せうずるならば、やはか退かぬことは候ふまじ」
[補注]疑問の係助詞「や」のついた「やはや」という形も中世に見られ、反語的な意味に使われている。→やわや

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やわか」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やわかの関連情報

他サービスで検索

「やわか」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.