Rakuten infoseek

辞書

やろう【ヤロウ】

デジタル大辞泉

や‐ろう〔‐らう〕
[連語]《「やらん」の音変化》体言、活用語の連体形、一部の副詞・助詞などに付く。
推量、または疑問を含んだ推量を表す。…(の)だろう。…(の)だろうか。
「上の林に鳥が棲(す)む―花が散り候」〈閑吟集
「わが恋は遂ぎようず―」〈虎明狂・石神
(副助詞的に用いて)不確かなこと、あるいは、遠まわしにいう意を表す。…とか。
「後小松院―は、力が強うて」〈史記抄・秦始皇本紀〉
(「…やろう…やろう」の形で)どちらとも決めがたい二つ以上の事柄を列挙する意を表す。
「多い―、少ない―をば知り候はず」〈平家・五〉
[補説]「やらん」から「やら」に至る過渡的な形。室町時代には、「やら」と並んで盛んに用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やろう
( 連語 )
〔「にやあらむ」の転である「やらん」から。中世語〕
体言、活用語の連体形、一部の副詞・助詞などに付く。
(助動詞的に用いられて)「…(の)だろう」「…(の)だろうか」の意を表す。 「おほい-すくない-をば知り候はず/平家 5」 「何とした事に、古本にけづつた-ぞ/毛詩抄 6
(副助詞的に用いられて)不確かなことを漠然と表す。 「後小松院-は力がつようて相撲の上手で/史記抄 4」 「此衛の女は、衛では何侯の子-しられぬでは/毛詩抄 2」 〔「にやあらむ」からできた「やらん」の変化したもので、副助詞「やら」に至る過渡的な形。中世後期には「やら」と並んで盛んに用いられた〕 → やらん(連語)やら(副助・並立助・終助)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やろう やらう
(「やらん」の変化したもの) 体言活用語連体形のほか、一部の副詞・助詞などにも付く。
① (助動詞的に) 推量、疑問の意を表わす。…であろう。…であろうか。
※平家(13C前)五「おほいやらうすくないやらうをばしり候はず」
※歌謡・閑吟集(1518)「上林に鳥がすむやらう、花がちり候」
② (副助詞的に用いる) 不定の意、不確かな意を表わす。…であるとか。…とか。
※百丈清規抄(1462)二「左伝やらうにあるぞ」
[語誌]「にやあらん」を出自とする「やらん」の変化したもの。「やら」に至る過渡的な形であるが、室町時代には、「やら」と並んで盛んに用いられた。→やら

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やろ‐・う
(断定の助動詞「じゃ」の変化した「や」の未然形「やろ」に推量の助動詞「う」のついたもの) …であろう。→助動詞「や」
※滑稽本・穴さがし心の内そと(1863‐65頃)初「それを又づらしてやったら、えらう怒り升やろうナ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やろう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やろうの関連情報

他サービスで検索

「やろう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.