Rakuten infoseek

辞書

やる【ヤル】

デジタル大辞泉

やる[助動]
[助動][やら|やり・やっ|やる|やる|やれ|やれ(や・やい)]《動詞「あり」の連体形「ある」の音変化》動詞の連用形に付く。
軽い尊敬、または親愛の意を表す。…なさる。
「それにお待ちやれ」〈虎明狂・末広がり
(「やります」の形で)丁寧の意を表す。
「この子が寒い寒いというて泣きやります」〈伎・暁の鐘〉
[補説]室町時代以降に用いられ、近世では終止形と命令形が多い。1は上接の動詞の上に「お」「ご」を付けることもある。2近世語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やる
( 助動 ) ( やら ・やり(やつ) ・やる ・やる ・やれ ・やれ(や) )
〔ラ変動詞「あり」の連体形「ある」から。中世末期以降の語〕
動詞の連用形、またはそれに「お」を冠した語に付いて、動作者に対する軽い敬意または親愛の気持ちを表す。また、ほとんど単なる丁寧の意を表すのにも用いられる。…なさる。 「ナゼニ山ワコノヨウナ赦免ヲバオ遣リヤッタゾ/天草本伊曽保」 「宮に遊んで乳吞みたいと、お末のたんと泣きやりました/浄瑠璃・天の網島 」 「これ、御あいさつを申しやれ/滑稽本・浮世風呂 2」 〔 (1) 命令形「やれ」は「れ」が略されて「や」の形ともなる。→。 (2) 上方語で、終止形「やる」に禁止の助詞「な」が付く時、「やんな」となることがある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やる
〘助動〙 (「ある」の変化した語。活用は「やら・やり(やっ)・やる・やる・やれ・やれ(や)」) 活用語の連用形、また、その上に「お」を付けた形に付く。初めは敬語であったが、近世語としては、同等またはそれに近い目下のものの動作について、丁寧に、また親愛の気持で用いる。…なさる。
※天草本伊曾保(1593)二人同道して行く事「ナゼニ ソナタワ チカラヲ vosoyeyaranu(ヲソエヤラヌ) ゾト イエバ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「ハイ、ありがたう。コレ、御あいさつ申しやれ、此子はや」
[語誌](1)上方語では、二音節以上の動詞に付くとき、「行きゃんな」のように動詞の語尾と融合して拗音となることがある。また、上方語では各活用形が自由に用いられているが、江戸語では、命令形終止形に用法が限られる傾向がある。命令形「やれ」は、往々「や」の形に略される。→
(2)上方語で、終止形が禁止の助詞「な」に連なる時、「やんな」ともなる。また、「やんな」は「やな」となることがある。
(3)幕末から明治にかけての上方の女性語では、「か」「じゃ」に続く時、「やんか」「やんじゃ」となる。これらは拗音にならない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やるの関連情報

他サービスで検索

「やる」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.