Rakuten infoseek

辞書

やら【ヤラ】

デジタル大辞泉

やら[感]
[感]感動したり驚いたりしたときに発する語。あら。
「―、わごりょは聞こえぬ事を言はします」〈虎清狂・文荷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やら[副助・並助・終助]
[副助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の連体形、助詞などに付く。(疑問語を伴って、あるいは「とやら」の形で)不確かな意や、ぼかして言う意を表す。…か。「何やら降ってきた」「いつのまにやら眠っていた」「同僚とやらから電話があった」
「二番目の子を、女房どもが何と思ひ入りました―、ぜひにと望みます」〈浮・胸算用・二〉
[並助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の連体形、助詞などに付く。
どちらとも決定しがたい二つ以上の事柄を並列・列挙する意を表す。「うれしいやら悲しいやら複雑な気持ちだ」
「恵方(ゑはう)が東―、南に梅が咲く―、暦さへ持たずして」〈浮・永代蔵・三〉
事物を単に並列・列挙する意を表す。「お茶やらお花やらを習う」
「出来た所(とこ)が塩梅(あんばい)が悪い―、手際が悪い―で、やんやといふほどにも行かねえ」〈滑・浮世床・初〉
[終助]名詞、名詞に準じる語、活用語の連体形、助詞などに付く。(多く疑問の語と呼応して)想像を働かす意を表す。…だろうか。「いつから始まることやら」「どうしたら気が済むやら
[補説]「にやあらむ」が「にやらむ」「やらむ」「やらう」「やら」と音変化したもので、中世後期以降に用いられた。中世後期には「やらん」「やらう」と混用されていたが、近世になって「やら」に固定した。なお、の文末用法から転じて成立したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やら
〔「にやあらむ」の転である「やらん」から。中世後期以降の語〕
( 副助 )
体言および体言に準ずる語、一部の副詞、助詞などに付く。
〔疑問・不定を表す語に付いて〕 不確実であるという意を表す。 「君の要求は何のこと-見当がつかない」 「いつの間に-日が暮れていた」
〔「とやら」の形で〕 はっきり言わずに、ぼかして言うときに用いる。 「山田と-いう人」 「どこと-抜けている人」
〔「…やら…やら」の形で〕 下に打ち消しの語を伴って、いずれとも不定である意を表す。 「どれとどれがほんもの-にせもの-まったくわからない」 「ほんとうにできるの-できないの-見当がつかない」
( 並立助 )
から転じたもの〕 体言や活用語の連体形に付いて、事柄をあれこれと並べあげるのに用いる。 「りんご-かき-いっぱい買いこんだ」 「泣く-わめく-たいへんな騒ぎだった」 「うれしい-悲しい-何とも複雑な気持ちだった」
( 終助 )
文末の言い切りの形に付く。不確かな気持ちをこめて、自問したり推量したりする時に用いる。 「とんぼ釣り、今日はどこまで行った-」 「いったい何を食わせる-」 → やらん(連語)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やら
〘名〙 義未詳。水深の浅い泥海の意か。沼地、泥深いところの意とも。
※万葉(8C後)一六・三八七八「梯立の 熊来の夜良(ヤラ)に 新羅斧 落し入れ わし あけてあけて な泣かしそね 浮き出づるやと 見む わし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やら
感動〙 感動や驚きを表わすことば。あら。
※米沢本沙石集(1283)一「やら、片方の御目は、大におはするぞと云ひけるこそ、思ひあはせられて侍れ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やら
〘副助〙 (「やらん」の変化したもの)
① 体言および体言と同資格の語、副詞・助詞などを受け、不確実・不定の意を表わす。
※貞享版沙石集(1283)八「頸のほどに近づきて、なににやらおどろきて恐れたる気色にて、逃げ去り給ひつる」
※俳諧・俳家奇人談(1816)下「蜻蛉釣今日は何処まで行たやら」
② (「…やら…やら」の形で) 二つの事物を受け、否定の語を伴って、いずれとも不定である意を表わす。
※歌謡・閑吟集(1518)「地主の桜は、〈略〉ちるやらちらぬやらあらしこそしれ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「仏になって食ふやら食ねへやらしれねへっ」
③ (②から転じて) 類似する事物を並立・列挙する場合に用いる。
浮世草子・好色万金丹(1694)二「ふしぎなやらこわいやら、又業平といふたればなつかしいやら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やらの関連情報

他サービスで検索

「やら」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.