Rakuten infoseek

辞書

やや【ヤヤ】

デジタル大辞泉

や‐や
[感]
驚いたときや不意に気づいたときに発する語。おやおや。「やや、これはたいへんだ」
呼びかけるときに発する語。やあやあ。やよ。
「―といへど、答(いら)へもせで逃げて」〈大和・一五六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やや
驚いた時に発する語。 -、こんなところにあった
呼びかける時に発する語。これこれ。 -とおどろかし給へど、ただ冷えに冷え入りて/源氏 夕顔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

や‐や
〘感動〙
① 人を呼ぶ時にいう語。もしもし。これこれ。やよ。
※大和(947‐957頃)一五六「ややといへど、いらへもせで逃げて、家に来て思ひをるに」
※増鏡(1368‐76頃)一一「女嬬が局の口に立ちて、ややといふ物を見あげたれば」
② 我知らず口をついてでることば。驚いた時や急に思いついた時などにとっさに口をついて出ることば。おやおや。おっ。
※枕(10C終)三五「権中納言の、やや、まかりぬるもよしとて、うちゑみ給へるぞめでたき」
※宇治拾遺(1221頃)一五「海賊ども見て、やや、これは、うちある矢にもあらざりけり。神箭なりけりといひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やや」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ややの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.