Rakuten infoseek

辞書

やは【ヤハ】

デジタル大辞泉

やは[係助]
[係助]《係助詞「や」+係助詞「は」から》名詞、活用語の連用形・終止形、副詞・助詞などに付く。
反語を表す。…だろうか(いや、そうではない)。
「春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香―隠るる」〈古今・春上〉
疑問を表す。…(だろう)か。
「ほととぎす声も聞こえず山びこはほかに鳴く音(ね)をこたへ―せぬ」〈古今・夏〉
(「やは…ぬ」の形で)勧誘・願望を表す。…しないか。…しないかなあ。…してくれればいいのに。
「ここに―立たせ給はぬ(=オ立チニナリマセンカ)」〈
[補説]12は文中でも文末でも用いるが、文中にある場合、文末の活用語は連体形で結ばれる。→かは

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やは
連語 係助詞に係助詞の付いたもの
文中にあって、文末を連体形で結ぶ。
疑問の意を表す。 世の中はむかしより-うかりけむわが身ひとつのためになれるか/古今 雑下
反語の意を表す。 われ人に劣らむとおぼいたる-ある/源氏 桐壺
やは…ぬの形で 勧誘や希望の意を表す。 あたりよりだにな歩きそと-のたまはぬ/竹取
文末にあって、疑問・反語の意を表す。 さりとも、つひに男あはせざらむ-/竹取 いその神ふるの中道なかなかに見ずは恋しと思はまし-/古今 恋四

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

や‐は
(係助詞「や」「は」の重なったもの)
[一] 文中にあって文末を連体形で結ぶ。
① 疑問・反語の意を表わす。
※古今(905‐914)雑体・九四八「世中はむかしよりやはうかりけんわが身ひとつのためになれるか〈よみ人しらず〉」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「われ人に劣らむとおぼいたるやはある」
② 「やは…ぬ」の形で勧誘や希望の意を表わす。→補注(1)。
※古今(905‐914)春下・八二「ことならば咲かずやはあらぬさくら花みる我さへにしづ心なし〈紀貫之〉」
[二] 文末にあって疑問・反語の意を表わす。
※万葉(8C後)九・一七八三「まつがへりしひてあれ八羽(やは)三栗の中のぼり来ぬ麿といふ奴」
[補注](1)(一)②の用法は、形の上では打消・疑問だが、意味は希望や勧誘で、その点一種の反語である。
(2)(一)(二)いずれの場合も反語の意の用法が大半で、疑問の例は極めて少ない。特に文末のものは単純な疑問と思われる例がない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

や‐は
〘副〙 ⇒やわ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やは」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やはの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.