Rakuten infoseek

辞書

やす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

やす
漁具の一種。突刺す鉄製の先端部と,竹や木などの柄からできており,構造はきわめて単純。先端部は鋭くとがって3~4本に分れており,突刺した魚がはずれないように逆鉤をつけたものが多い。やすによる漁法は, (もり) , (ほこ) , (のみ) などの刺突具によるものとして,雑漁法に含まれるが,潜水漁のような原始的なものから捕鯨漁や潜水器漁のような進んだものにまでわたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やす[助動]
[助動][やせ|やし|やす|(やす)|(やせ)|やせ(やし)]《近世語》動詞の連用形、断定の助動詞「だ」の連用形「で」に付く。
動作者への軽い敬意を表す。…なさる。
「これでもあがりやし」〈洒・通言総籬
話し相手への丁寧の意を表す。…ます。
「朧月(おぼろづき)と五色丹前を買って参りやした」〈洒・辰巳之園
[補説]1は、近世前期の上方で用いられ、2近世後期の上方、また、江戸で用いられた。終止形連体形に「やする」もみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

やす
高知県香南市にある。国道55号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やす
助動 やせやしや ・やし ・やす ・やす ・ ○ ・やせやし・やす
近世語
活用語の連用形に付く。
軽い敬意を表す。また、親愛の意を表すのにも用いられる。…なさる。 それでもあの人が無理にとかしやりやせうことがござりませぬ/歌舞伎・心中鬼門角 ちやつとあちら向きやすと嬲つて振り切り通りけり/浄瑠璃・天神記
丁寧の意を表す。ます。 爰を頼んで、芝居へも呼びにやりやした/浄瑠璃・生玉心中 どうも仕やせんが、腹がへりやした/洒落本・遊子方言 (1) 語源については、やんすから、おわすから、ますからなど、諸説があるが、まだ定説化したものはない。 (2) は近世前期の上方語。は前期上方語では多く遊女が使用、後期では上方語・江戸語で一般に用いられるようになった。 (3) 終止形・連体形は、近世上方語ではやするの形も用いられた。金かしてくだんせ。頼みやする/浄瑠璃・博多小女郎 (4) 現在でも関西地方で用いられる。(ア)丁寧の意を表す。ます。ここにありやす(イ)接頭語を添えた動詞連用形に付いて、そうすることを相手に望む意を表す。なさい。早うお帰りやすおいでやす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

やす
やす /
雑漁具に属する漁具。魚などを刺してとる漁具で、先端が鋭くとがった金属部分と、木または竹製の柄の部分からなる。金属部分は一本のものから数本を叉(さ)状にしたものもあり、またカエシのあるものとないものとがある。やすの歴史は古く、石器時代の貝塚からも動物の骨でつくられた先端部分が発見されている。磯(いそ)や浅海に生息するカレイ・ヒラメ類、ボラ、クロダイ、タコ類、イセエビ、アワビなどの漁獲に使用されている。[吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

や・す
〘自動〙 (活用は、終止形の例を見るだけで、明らかではない) 「で…やす」の形で、補助動詞として用いる。→でやす

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やす
〘助動〙 (活用は「やせ(やしょ)・やし・やす・(やす)・〇・やせ(やし・やす)」)
[一] 活用語の連用形に付き、軽い敬意や親愛の意を表わす。…なさる。お…になる。また、終止形、あるいは「お…やす」の形で、軽い敬意を含んだ命令を表わす。…なさい。
※狂言記・内沙汰(1660)「まづ此太刀を、はきやす」
[二] 活用語の連用形に付き、丁寧の意を表わす。近世前期上方では多く遊女が使用、後期は上方語・江戸語で一般化した。
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「三貫目や五十両はかしてやって下さいやせと」
[語誌](1)成立については、「おはす」からとも「ます」からとも説かれるが、動詞連用形に付いて敬意を表わす「あります」の転じた「やります」が「やんす」に、さらに「やす」に変化したとみる説が穏当だろう。
(2)(二)の丁寧語としては、「ます」に比べ、聞き手に対する敬意は低い。
(3)終止形(連体形)は、近世、上方では「やする」ともいう。「金かしてくだんせ。頼やする」〔博多小女郎波枕‐長者経〕など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.