Rakuten infoseek

辞書

やし油【やしゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

やし油
やしゆ
coconut oil
ココヤシの果実の核の胚乳から圧搾法によって得られる脂肪。白色から淡黄色で特有の臭気がある。融点 23~26℃。カプリル酸 5.5~9.5%,カプリン酸 4.5~9.5%,ラウリン酸 44~52%,ミリスチン酸 13~19%,パルミチン酸 7.5~10.5%などの飽和脂肪酸オレイン酸 1.5~2.5%,リノール酸 1.5~2.5%などの不飽和脂肪酸不鹸化物 0.15~0.6%などを含む。石鹸,マーガリン可塑剤などの原料とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

やし油
やしゆ
coconut oil
ヤシ科(APG分類:ヤシ科)のココヤシの果実の核から得られる脂肪。核の含油部分を乾燥したものをコプラcopraという。このコプラから圧搾法により採油される。コプラ油とも称する。コプラの品質は乾燥に左右され、水分が多いものはカビを生じ、油が酸敗するから、水分を8%以下にする必要がある。コプラの乾燥度は、やし油の品質、収量に影響を及ぼす。コプラの形で東南アジアなど熱帯原産地から輸出される。含油量65~75%。マーガリン、カカオ脂代用品(水素添加やし油)、せっけん、高級アルコール、脂肪酸、グリセリン原料として用いられる。なお、パーム核油はやし油にきわめて類似した成分を有している。[福住一雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やし油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やし油の関連情報

他サービスで検索

「やし油」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.