Rakuten infoseek

辞書

やあ【ヤア】

デジタル大辞泉

やあ
[感]
驚いたときや不意に気づいたときに発する語。「やあ、これは驚いた」
突然または偶然に出会った人に呼びかけるときに発する語。「やあ、こんにちは」
気合いをこめるときに発するかけ声。また、音曲などの囃子詞(はやしことば)。「えい、やあ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やあ
( 感 )
感動・驚きの時に発する語。おお。 「 -、これはおめずらしい」
呼び掛けの語。 「 -、こんにちは」
力を入れる時の掛け声。 「えい、-」
応答の語。はい。ええ。 「『あれへしたたか酔うて参る。やいやいやいやい』『-』/狂言・素襖落 虎寛本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やあ
〘名〙 正業につかないで、法の裏をくぐって生活の資を得るなどしている者。やくざ、てきやの類。「やあさま」「やあさん」の形で用いることが多い。
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一八「悪いといふ事は二三の水出し、遣らずの最中野天丁半の鼻ッ張り、ヤアの賭場まで逐って来たのだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やあ
〘感動〙
① 驚いたりあきれたりした時に発する声。
※書紀(720)皇極四年六月(岩崎本訓)「子麻呂等の入鹿が威(いきほひ)に畏れて便旋(めくら)ひて進まざるを見て曰はく、咄嗟(ヤア)と曰たまふ」
※虎明本狂言・乞聟(室町末‐近世初)「『わたくしでござる』『やあそなたはなにしにおじゃった』」
② 不審に思ったりとがめたりする気持をこめて呼びかける時にいうことば。やい。
※謡曲・丹後物狂(1430頃)「『異なることになにごとか能のある』『やあ喧ましこれは汝が子のことにてあるか』」
③ 横柄な態度で、応答する時にいうことば。
※虎寛本狂言・靫猿(室町末‐近世初)「『ヤイヤイ、ヤイ猿曳』『ヤア』『ヤアとはおのれ憎い奴の』」
④ 何か勢いよくしようとして発するかけ声や歌謡のはやしことば。
※虎寛本狂言・餠酒(室町末‐近世初)「栄ふる御代こそ目出たけれ。ヤア、ヱイヤ、ヤア」
⑤ 男子がごく親しい相手にいう軽い挨拶のことば。
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉七「『やあ』と先生は茶碗を娘から受取って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やあ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

やあの関連情報

他サービスで検索

「やあ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.