Rakuten infoseek

辞書

ものを【モノヲ】

デジタル大辞泉

ものを[接助・終助]
[接助]《「ものを」から》活用語の連体形に付く。
愚痴・恨み・不平・不満・反駁(はんばく)などの気持ちを込めて、逆接の確定条件を表す。…のに。…けれども。「これほど頼んでいるものを、なぜ引き受けてやれないんだ」
「ま幸(さき)くと言ひてし―白雲に立ちたなびくと聞けば悲しも」〈・三九五八〉
理由・原因を強調する意を表す。…からして。…だから。
「湯水をつかふのだ―、かかるが悪くは遠くへどいてるがいい」〈滑・浮世風呂・二〉
[補説]2は近世以降、「を」を省略した「もの」という形でも用いられる。
[終助]《形式名詞「もの」+間投助詞「を」から》
自分の意のままにならないことを不服に思う気持ちを表す。…のになあ。…のだがなあ。「そんなに無理しなくてもよかったものを
「忍びがたく思ひ給へらるる形見なれば、脱ぎ棄(す)てはべらむことも、いとものうくはべる―」〈・藤袴〉
詠嘆・感動の意を表す。…のになあ。…だなあ。
「猫のへあがりて猫またになりて、人とることはあなる―」〈徒然・八九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ものを
〔形式名詞「もの」に古語の間投助詞「を」の付いたものから〕活用語の連体形に接続する。
( 接助 )
不満やうらみなどの気持ちをこめて、逆接的に下に続ける。…のに。…ものだのに。 「早くすればいい-、何をぐずぐずしているのだろう」 「そっとしておいた-、いまさら荒だてなくてもいいじゃないか」 「宮人の安眠やすいも寝ずて今日今日と待つらむ-見えぬ君かも/万葉集 3771」 「我もうらなくうち語りて慰め聞えてむ-、思はずにのみ取りない給ふ御心づきなさに/源氏 紅葉賀
順接的に下に続ける。…ものだから。 「みんなの意見だ-、変えることはできないよ」 「一文からの商で日がな一日居たり立つたりする-、腹もへらうぢやあねえか/滑稽本・浮世風呂 3
( 終助 )
強い詠嘆、話し手の確認の気持ちを表す。 「あら、それでもわたくしにゃ何だかわかりません-」 「さ雄鹿の来立ち鳴く野の秋萩は露霜負ひて散りにし-/万葉集 1580」 「猫の経上りて猫またに成りて人とることはあなる-/徒然 89
不満・不平や悔恨などの気持ちをこめての詠嘆の意を表す。…のになあ。 「あの時もっと注意しておけばよかった-」 「わざわざ雨の中を来なくても、電話一本ですむ-」 「ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひし-/万葉集 392」 「雀の子を犬君いぬきが逃しつる。伏籠ふせごのうちにこめたりつる-/源氏 若紫」 〔
が本来の用法で、
から転じたもの〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もの‐を
[1] 〘終助〙 (名詞「もの」に間投助詞「を」の付いてできたもの) 文末にあって活用語連体形を受ける。
① 詠嘆を表わす。
※万葉(8C後)三・三二一「富士の嶺を高み恐み天雲もい行きはばかりたなびく物緒(ものを)
② 特に、実状に対する不満や残念の気持をこめての詠嘆を表わす。→語誌(2)。
※万葉(8C後)三・三九二「ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひし物乎(ものヲ)
※史記抄(1477)四「諸侯に人らしい人があらば秦に天下をば取られまいものをぞ」
[2] 〘接助〙 ((一)の用法から転じたもの。→語誌(3)) 活用語の連体形を受ける。
① 逆接を表わす。のに。けれども。
※万葉(8C後)一五・三七七一「宮人の安眠(やすい)も寝ずて今日今日と待つらむ毛能乎(モノヲ)見えぬ君かも」
※洒落本・遊子方言(1770)しののめのころ「七つにむかひをよこせといふて置たものを今にむかいをよこさいで」
② 順接を表わす。から。近世以後の用法。→語誌(4)。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「一文からの商で日がな一日ゐたり立たりする物(モノ)を、腹もへらうぢゃアねへか」
[語誌](1)(一)の用法は、活用語の連体形を受けた「もの」によって全体が体言化し、それに「を」が付いて詠嘆表現となったもので、古くは二語と考えるべきものである。
(2)(一)の①と②は詠嘆表現という点では同じであるが、②には現在または過去の事実に対する不満や後悔の念などが含まれているため、現代語の「のに」に相当する。ここに(一)の用法が(二)の用法に転ずる契機がある。
(3)(二)の用法も古くは二語と見るべきものである。
(4)江戸時代には「モノー」と発音されたらしく、「風呂ぢうでは何本もある足だものう、生憎つらまったのが此方の不調法」〔七偏人‐初〕などのように「ものう」とも表記された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ものを」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ものをの関連情報

他サービスで検索

「ものを」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.