Rakuten infoseek

辞書

ものなら【モノナラ】

デジタル大辞泉

ものなら[接助]
[接助]《形式名詞「もの」+断定の助動詞「だ」の仮定形「なら」から》動詞・動詞型助動詞の連体形に付く。
(可能の表現に付いて)実現が不可能だと思われる事柄を仮定的に示す意を表す。…ならば。「別れられるものなら別れたい」「逃げられるものなら逃げてみろ」
(「うものなら」「ようものなら」「まいものなら」の形で)もし実現したら、好ましくない事態が起こる場合を仮定的に示す意を表す。…としたら。「うそをつこうものなら、とんでもない目にあうぞ」「うっかり捨てようものなら、どやされるぜ」
[補説]「ものなら」は「ものならば」の「ば」が省略された形で、うちとけた話し言葉では「もんなら」となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ものなら
( 接助 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の仮定形「なら」の付いたものから。話し言葉でのくだけた言い方では「もんなら」ともなる〕
活用語の連体形に接続する。
(意志・推量の助動詞「う・よう」「まい」を受けて)その動作・状態がきっかけとなって、結果が思わしくなくなるといったときの、その前件を表す。 「悪口を言おう-、すぐに仕返しをされるだろう」 「朝寝をしよう-、食事にありつけなくなる」
つきはなすような気持ちをこめて、仮定条件を表す。 「そんなことでいい-、だれにでもできます」
(可能の意を表す語を受けて)なじるような気持ちをこめて、つきはなす場合に用いる。 「できる-、やってみなさい」 「歌える-、歌ってごらんなさい」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もの‐なら
〘連語〙 (名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の仮定形「なら」の付いたもの)
[一] 具体的に言うならのから転じて、「どうせ」「どっちみち」の意。
※浄瑠璃・大経師昔暦(1715)上「物ならたった廿日の間、お気遣なされますな」
[二] 活用語の連体形を受け、仮定条件を表わす。多く、望ましくない結果をひき起こすような条件や不可能であると思われるような条件に用いる。
① 「…ものなら」の形で動詞連体形を受け、現在のことを仮定する。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「出来るものなら三毛の代りに」
② 「…たものなら」の形で動詞連用形を受け、過去のことを仮定する。
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一二「二三度干物でも遣ったものなら、可ことにして、まつはって、からむも可けれど」
③ 意志・推量の助動詞「う(よう)」の連体形を受けて、ある事態が起きることを仮定する。
滑稽本・浮世床(1813‐23)二「一晩泊ってでも皈(けへ)らうものなら、それこそ大騒動」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ものなら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ものならの関連情報

他サービスで検索

「ものなら」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.