Rakuten infoseek

辞書

もぞ【モゾ】

デジタル大辞泉

も‐ぞ
[連語]《係助詞「も」+係助詞「ぞ」》
「も」を強調する意を表す。…だって。…でさえ。
「岩根さくみてなづみ来(こ)し良けく―なき」〈・二一三〉
好ましくない結果を予想し、気がかりに思う気持ちを表す。…すると大変だから。…するといけないから。→もこそ
「憎しとなおぼし入りそ。罪―得給ふ」〈総角

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もぞ
( 連語 )
〔係助詞「も」に係助詞「ぞ」の付いたもの〕
上に来る語と述語との結合を強調して表す。 「立ちて思ひ居て-思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を/万葉集 2550
将来をおしはかる意を表す。将来の事態をあやぶむ気持ちを表すことが多い。…かもしれないから。…といけないから。 「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわり-する/新古今 恋一」 「門かどよくさしてよ。雨-する/徒然 104」 〔は中古以降の用法〕 → もこそ(連語)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

も‐ぞ
(係助詞「も」「ぞ」の重なったもの。「もそ」とも) 体言および体言と同資格の語や副詞を受ける。
① (「も」と「ぞ」とが単に重なっただけのもの) 上に来る語と述語との結合を強調する。
※万葉(8C後)一一・二五五〇「立ちて思ひ居て毛曾(モソ)思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を」
② (慣用的表現となるもの) 推量助動詞を用いないで将来をおしはかる意を表わし、順接余情をもつ、中古以降の用法。…かもしれないから。→補注
伊勢物語(10C前)四〇「さかしらする親ありて、思ひもぞつくとて」
※正治初度百首(1200)山家柴の戸の跡みゆばかりしほりせよ忘れぬ人はかりにもそとふ〈藤原定家〉」
[補注]②の用法のほとんどは将来の事態を危ぶむ場合に用いられるが、挙例の「正治初度百首」のように将来の事態を期待する場合もある。また、同様の意を表わすものに「もこそ」がある。→もこそ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もぞ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

もぞの関連情報

他サービスで検索

「もぞ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.