Rakuten infoseek

辞書

もう【モウ】

デジタル大辞泉

もう
[副]
現に、ある事態に立ち至っているさま。また、ある動作が終わっているさま。もはや。既に。「もう手遅れだ」「もう子供ではない」「今泣いた烏がもう笑った」
あとわずかの時間で、ある事態になるさま。まもなく。やがて。じきに。「もう終わりますから、しばらくお待ちください」「もう来るだろう」
現にある事物・状態などに、同じものを付け加える気持ちを表す語。さらに。いま。「もうちょっとで車にひかれるところだった」「もう片方の靴下が見つからない」
(あとに打消しの語などを伴って)同じ事をこれ以上繰り返したくないという気持ちを強調する語。二度とは。「もうしませんから許してください」「戦争はもうごめんだ」
自分の判断・感情などを強める気持ちを表す語。感動詞的にも用いる。まさに。なんとも。「これはもう疑う余地のない事実だ」「嫌になっちゃうなあ、もう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もう
( 副 )
時間や程度が、ある基準や節目を超える意を表す。もはや。 「 -あれから一年たつ」 「 -これ以上食べられない」
時間や場所にある基準点を定めて、それに近づく意を表す。まもなく。 「 -そろそろ頂上だ」 「駅は-すぐそこだ」 「 -着くころだ」
[0] すでにある基準や状態に達しているのに、さらに加える意を表す。さらに。 「 -一杯飲もう」 「 -少し右へ寄って」 「 -一度やってみよう」
その時点までにある動作が終了していたり、ある状態になっていたりする意を表す。 「彼は-帰った」 「 -三時を過ぎた」
( 感 )
ある感情や感動が高まったときに用いられる語。 「 -、最高だわ」 「 -、悲しくて悲しくて」 「 -、ほんとにすごいんだ」
やや非難・叱責の気持ちをこめていう語。 「 -、何度言っても聞かないんだから」 「ひどいんだから、-」 〔歴史的仮名遣いを「まう」とする説もある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もう
〘副〙
① 時間的に経過して、すでにその状態になるさまを表わす語。はや。も。
史記抄(1477)二〇「一度誤て改めうとすれどもまうかなわぬぞ」
② 限定した数量を示す語を伴って、ある状況をさらにそれだけ続けよう、または、ある数量にさらにそれだけ加えようとする気持を表わす語。も。
俳諧・霞の碑(1790)「最う一里翌を歩行ん夏の月〈一茶〉」
③ 間違いなくその状態であることを強めていう語。
滑稽本浮世床(1813‐23)初「こりゃ最(モ)うほんまの事でござります」
④ (あとに打消の語などを伴って) 同じ事をこれ以上繰り返したくないという気持を強調する語。二度とは。「こんな事はもう嫌だ」
洒落本・郭中奇譚(1769)弄花巵言「モウいひなんすナ」
[補注](1)副詞「も」と同語源の語であるが、その成立の前後は不明。
(2)「ロドリゲス日本大文典」には「mǒ(マウ) ハヤ」の形が見られる。同義の「ま」「まあ」が転じて「も」「もう」となったものか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

もうの関連情報

他サービスで検索

「もう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.