Rakuten infoseek

辞書

【ム】

デジタル大辞泉

む[五十音]
五十音図マ行の第3音。両唇鼻音の有声子音[m]と母音[u]とから成る音節。[mu]
平仮名「む」は「武」の草体から。片仮名「ム」は「牟」の初2画から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む[感]
[感]
力んだり、感心したり、また驚いたりしたときに口を結んで発する声。うん。むう。「、すごい」「、やるな」
了解・同意を示す応答の声。うん。ふむ。
「―といらへて立ちぬ」〈宇治拾遺・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む[助動]
[助動][(ま)|○|む(ん)|む(ん)|め|○]活用語の未然形に付く。
推量・予想の意を表す。…だろう。
「御岳精進(みたけさうじ)にやあら、ただ翁びたる声に額(ぬか)づくぞ聞こゆる」〈・夕顔〉
意志・希望の意を表す。…う(よう)。…するつもりだ。
「われこそ死なとて泣きののしること、いと堪へがたげなり」〈竹取
適当・当然の意を表す。…するのがよい。…するのが当然だ。
「鳴り高し。鳴りやま」〈・少女〉
「さやうのもの、無くてありな」〈徒然・一三九〉
(主として「こそ…め」「なむや」の形で)勧誘・要求の意を表す。…してはどうか。…しないか。
「忍びては参り給ひなや」〈・桐壺〉
(主として連体形の用法で)婉曲(えんきょく)に表現する意を表す。…のような。
「身を治め国を保た道もまたしかなり」〈徒然・一一〇〉
(主として連体形の用法で)条件や仮定の意を表す。…ならば。…したら。
「斎院より御文のさぶらはには、いかでか急ぎあげ侍らざらむ」〈・八七〉
[補説]「む」は上代から近世まで広く用いられたが、平安時代以後「ん」とも書き、鎌倉時代以後は「う」にも変化した。なお、未然形「ま」は上代、「まく」の形だけに用いられた。→めや[連語]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図マ行第三段の仮名。両唇鼻音の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「む」は「武」の草体。片仮名「ム」は「牟」の初二画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 感 )
応諾の意を表す語。うむ。 「『わかったか』『-、わかった』」
感心したり驚いたりしたときや返答につまったときに発する語。 「 -、これはおもしろい」 「 -、これは手ごわいぞ」
力を入れるとき、口を結んで発する声。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 ) ( ○ ・ ○ ・む(ん) ・む(ん) ・め ・ ○ )
〔中古の半ば以降、発音が mu から m となり、さらに n に変わったので、後世「ん」とも書かれる〕
推量の助動詞。活用語の未然形に付く。
目前にないこと、まだ実現していないことについて予想し推量する意を表す。…であるだろう。…だろう。 「現うつつにも夢にも我は思はずき古りたる君にここに逢はとは/万葉集 2601」 「我が背子が国へましなばほととぎす鳴か五月さつきはさぶしけむかも/万葉集 3996
話し手自身の意志や決意を表す。…するつもりだ。…するようにしよう。 「見れど飽かぬ吉野の川の常滑とこなめの絶ゆる事なくまたかへり見/万葉集 37」 「弓矢を取り立てとすれども、手に力もなくなりて、萎えかかりたり/竹取」
相手や第三者の行為を勧誘し、期待する意を表す。…してくれ。…してもらいたい。…すればよい。 「逢ひ難き君に逢へる夜ほととぎす他あたし時ゆは今こそ鳴か/万葉集 1947」 「若宮など生ひ出で給はば、さるべきついでもありなむ。命長くとこそ思ひ念ぜ/源氏 桐壺」 「子といふものなくてありな/徒然 6
(連体形を用いて)実現していないことを仮定していうのに用いる。…であるようなものなら。…としたら。 「二人して打たには、侍りなむや/枕草子 9」 「年五十になるまで、上手に至らざら芸をば捨つべきなり/徒然 151
(連体形を用いて)実現が可能だったり予想されたりするとき、推量する形で婉曲に述べるのに用いる。 「恋しからをりをり、取りいでて見給へ/竹取」 「これが花の咲か折は来むよ/更級」 〔 (1) 上代では、形容詞活用にはその古い未然形語尾「け」に付く。「大魚おうおよし鮪しび突く海人あまよ其が離ればうら恋こおしけ鮪突く鮪/古事記 」 (2) 現代語でも文語調の文章の中に「ん」の形で用いられる。「幸多からことを祈る」「政治家たらとする者は」「あら限りの力」「まさに出発せとする時」〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第7行第3段の仮名で、平仮名の「む」は「武」の草体からでき、片仮名の「ム」は「牟」の初の2画からできたものである。万葉仮名では「牟、武、鵡、六、无、無、務、夢、霧(以音仮名のみ)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(武)」「(無)」「(舞)」「(牟)」「(无)」などがある。
 音韻的には/mu/で、両唇を閉じた唇内鼻音の[m]を子音にもつが、「けむり―けぶり(煙)」「さむい―さぶい(寒)」「たわむる―たわぶる(戯)」などのように、語によっては[b]と子音交替する場合もある。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘感動〙
① 相手のことばを承諾したことを表わす。また、単なる応答のことばとしても用いる。
※宇治拾遺(1221頃)五「ひげなる声にて、むといらへてたちぬ」
② 物事に感心したり驚いたりしたとき、または、ことばにつまったときなどに発する語。
③ 力を入れるとき、口を結んで発する声。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (活用は「ま・◯・む・む・め・◯」。四段型活用。平安時代中期には mu の発音が m となり、さらに n に変わったので、「ん」とも書かれる。また m は ũ から u に転じて鎌倉時代には「う」を生み、やがて u の発音は前の語の末の母音と同化して長音化するようになった。活用語の未然形に付く。→) 推量の助動詞。現実に存在しない事態に対する不確実な予測を表わす。
① 話し手自身の意志や希望を表わす。…しよう。…するつもりだ。…したい。
※古事記(712)中・歌謡「繊細(ひはぼそ)(たわ)や腕(がひな)を 枕(ま)か牟(ム)とは 吾(あれ)はすれど」
※土左(935頃)承平四年一二月二六日「みやこいでて君にあはんとこしものをこしかひもなく別れぬるかな」
② 相手や他人の行為を勧誘し、期待する意を表わす。遠まわしの命令の意ともなる。…してくれ。…してもらいたい。
※古事記(712)下・歌謡「い及けい及け 吾(あ)が愛(は)し妻に い及き逢は牟(ム)かも」
※宇津保(970‐999頃)春日詣「などかくはいそぎ給ふ。花を見てこそ帰り給はめ」
③ 推量の意を表わす。
(イ) 目前にないこと、まだ実現していないことについて想像し、予想する意を表わす。…だろう。
※古事記(712)上・歌謡「山処(やまと)の 一本薄(ひともとすすき) 項傾(うなかぶ)し 汝が泣かさ麻(マ)く 朝雨の 霧に立た牟(ム)ぞ」
※枕(10C終)三六「端にこそたつべけれ。おくのうしろめたからんよ」
(ロ) 原因や事情などを推測する場合に用いる。…だろう。…なのであろう。
※古事記(712)下・歌謡「かくの如 名に負は牟(ム)と そらみつ 大和の国を 蜻蛉(あきづ)島とふ」
※伊勢物語(10C前)二三「をとここと心ありてかかるにやあらむと思ひうたがひて」
(ハ) (連体法に立って) 断定を婉曲にし、仮定であること、直接経験でないことを表わす。…であるような。…といわれる。…らしい。
※古事記(712)中・歌謡「命(いのち)の 全(また)け牟(ム)人は 畳薦(たたみこも) 平群(へぐり)の山の 熊白檮(くまかし)が葉を 髻華(うず)にさせ その子」
※徒然草(1331頃)五九「大事を思ひ立たん人は、去りがたく心にかからん事の本意を遂げずして」
[語誌](1)原形をアムとする説がある。
(2)未然形「ま」は、上代のいわゆるク語法の「まく」の形に現われるものだけである。
(3)形容詞型活用や助動詞「ず」には、「あり」を介して付くのが常であるが、上代では、形容詞型活用にはその古い未然形語尾「け」に付く。「大魚(おふを)よし 鮪(しび)突く海人(あま)よ 其(し)が離(あ)れば うら恋(こほ)しけ牟(ム) 鮪突く海人」〔古事記‐下・歌謡〕、「逢はずして行かば乎思家(をしけ)(ム)まくらがの許賀(こが)漕ぐ舟に君も逢はぬかも」〔万葉‐三五五八〕など。
(4)助動詞「けむ」は、もと過去の助動詞「き」の未然形にこの「む」が結合したという説がある。そのほか、「らむ」「まし」なども、この「む」に関係あるといわれる。
(5)「む」は接続助詞「ば」が下接しないこと、「き」「つ」などの「過去・完了の助動詞」が下接しないことなど、「けむ」「らむ」と共通している。
(6)断定の助動詞「なり」(「にあり」を含む)に下接するときに「原因推量」を表わすように思われることがあるが、これは「なり」の働きによって成立する用法で、「む」そのものが単独で「原因推量」を表わしているのではない。(7)「む」は中古以降、徐々に「う」へと変化していき、室町時代には「う」が一般化する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

むの関連情報

他サービスで検索

「む」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.