Rakuten infoseek

辞書

むつ【むつ】

大辞林 第三版

むつ
青森県北東部、下北半島にある市。北は津軽海峡、南は大湊湾に面する。酪農やホタテガイの養殖が盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むつ[船舶]
日本初の原子力船昭和43年(1968)に起工。名称は進水時の港があった青森県むつ市にちなむ。昭和49年(1974)、出力上昇試験中に放射線漏れを起こし、以降、各地で母港化反対の声が上がった。平成3年(1991)に8万キロメートル以上もの実験航海を行ったが、翌年に原子炉が停止された。原子炉を撤去したのち、大型海洋調査船「みらい」として改造された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むつ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

むつ
日本原子力船開発事業団が建造した,日本最初の原子力商船。 1968年に石川島播磨重工業東京第2工場で起工,69年に進水。総工費は約 70億円,全長 130m,幅 19m,深さ 13.2m,総トン数は 8350tで,特殊貨物船 (実験船) 。むつ市の原子力船定係港に回航されたのち,三菱原子力工業の手で原子炉 (PWR型炉,熱出力3万 6000kW,約1万馬力) が積込まれ,74年臨海実験に成功した。速力は約 16.5kn,乗組員は 79人で,3t弱のウラン燃料を使えば地球を7~8周することができるといわれたが,74年9月,放射線漏れの事故を起し,漁民らの反対で母港を移すことになった。このため,77年 10月長崎県佐世保港へ回航,78年7月から 82年8月まで佐世保重工業で修理を行なったのち大湊港に帰投,関根湾の新母港が完成するまで同港に停泊。しかし,新母港の建設には多額の費用と長期の時日を必要とし,また,原子力船の平和利用は見直し時期にあるため,実験船としての原子力船『むつ』をこれからどう取扱うかが問題となった。 91年の第3次実験航海終了後,関根浜港において解役工事を行い廃船となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むつ【むつ】
青森県北東部の地名。下北半島の屈曲部にあり、大湊湾に面する。第二次大戦まで旧日本海軍要港として知られた大湊港、日本三大霊場の一つ恐山がある。昭和三四年(一九五九)大湊田名部市として市制。翌年むつ市に改称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

むつの関連情報

他サービスで検索

「むつ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.