Rakuten infoseek

辞書

みっともない【ミットモナイ】

デジタル大辞泉

みっとも‐な・い
[形]《「みともない」の音変化》見た目にわるい。体裁がわるい。「―・いなり」「―・いまねはしないでくれ」
[派生]みっともなさ[名]
[用法]みっともない・みぐるしい――「客の前で兄弟げんかをするなんてみっともない(見苦しい)」「前をはだけたみっともない(見苦しい)格好」「みっともない(見苦しい)行為」など、手に不快感を与えるさまのでは相通じて用いられる。◇「三年も浪人して、また不合格ではみっともない」のように、人目に対して体裁が悪いという本人の気持ちをいう場合は「みっともない」が、「相手の逃げ腰の態度が、見ていて見苦しかった」のように、他人の行為などについていう場合は「見苦しい」がより適切。◇類似の語の「みにくい(醜い)」は、対象についての分析的な評価であって、より客観的である。「遺産をめぐるみにくい争い」「親友のみにくい心を知って絶望した」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みっとも‐な・い
〘形口〙 (「みともない」の変化した語) 見た目にわるい。見苦しい。体裁がよくない。外聞が悪くて、他に対してはずかしい。みっともよくない。みっとむない。
※浮世草子・当世芝居気質(1777)四「旦那様其なりはみっともない」
[語誌]中世の「見たくもなし」が「見たうもない」「見とむない」などを経て、近世後期に「みっとむない」「みっともない」などとなったもの。近代には「みっともいいものではない」「みっともよくない」などの言い方も生まれた。
みっともな‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みっともない」の用語解説はコトバンクが提供しています。

みっともないの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.