Rakuten infoseek

辞書

みず【ミズ】

デジタル大辞泉

みず〔みづ〕
イラクサ科の多年草。高さ約40センチ。茎・葉は多汁でやわらかく、葉はやや菱形で縁にぎざぎざがある。9、10月ごろ、淡黄色の小花をつける。似ているアオミズミズナウワバミソウ)と混称されることもあり、ともに食用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みず みづ
〘名〙 イラクサ科一年草。本州中部以西、四国、九州の山野の湿地に生える。高さ五~三〇センチメートル。茎、葉ともに多汁質で柔らかい。葉は長柄をもち対生。葉身は長さ一・五~四センチメートルの卵状ひし形で縁に鋸歯がある。夏から秋にかけ、葉腋に淡黄色の小花が球状に群がってつく。茎が半透明で柔らかく分が多くてみずみずしいところからいう。〔物品識名(1809)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

みずの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.