Rakuten infoseek

辞書

みじん粉【みじんこ】

世界大百科事典 第2版

みじんこ【みじん粉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

みじん粉
みじんこ
(もち)精白米を蒸して乾燥したあと細かくひいたり、一度餅(もち)状にしたのち薄くのばして白焼きにして粉末にした製品のこと。後者は焼きみじん粉という。粒子が細かいのでみじん粉の名がある。ほかの米粉の多くは米を生(なま)のままで粉末にしてあるのに対し、みじん粉は加熱してあるのでデンプンがα(アルファ)化されているのが特徴である。そのため、そのまま食べても消化がよい。製法により上早粉(じょうはやこ)、寒梅粉などがある。上早粉は、糯精白米を水洗後、水切りして煎(い)り、膨張させたものを製粉してつくる。寒梅粉は、焼きみじん粉をさらに細かくふるいに通したものである。打ち物菓子や押し菓子、豆菓子用として用いられる。粳(うるち)精白米でほぼ同様につくったものは、並早粉(なみはやこ)あるいは並寒梅粉として同じく菓子原料として利用される。[河野友美・大滝 緑]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みじん粉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

みじん粉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.