Rakuten infoseek

辞書

まで【まで】

大辞林 第三版

まで
( 副助 )
体言またはそれに準ずるもの、活用語の連体形、助詞などに接続する。
場所や時間などに関して、動作・作用が至り及ぶ限度・到達点を示す。 「東京からホノルル-飛行機で行く」 「この事は後世-語り伝えられるであろう」 「天飛ぶや鳥にもがもや都-送りまをして飛び帰るもの/万葉集 876
動作・作用の至り及ぶ程度を表す。ほど。 「あく-実験を続ける」 「からだがへばって動けなくなる-頑張るつもりだ」 「秋や来る露やまがふと思ふ-あるは涙の降るにぞありける/伊勢 16
事態の及ぶ範囲がある限界にまで達することを表す。さえ。 「巷ちまたの風-寒く感じる」 「子供に-笑われる」 「あやしの法師ばら-喜びあへり/源氏 賢木
それ以上には及ばず、それに限られる意を表す。…にすぎない。だけ。 「合格したのは運がよかった-だ」 「改めて言う-もないが、これは危険な仕事だ」 「我は使-でこそあれ、罪のないと云ふ事は我は知らぬ者ぢやぞ/蒙求抄 7
文末にあって、終助詞的に用いられ、意味を強め確認する気持ちを表す。中世後期以降の用法。 「とりあえず御礼の言葉-」 「これは念のため言っておく-」 「ああ、ほんにどこでやら落してのけた。誰ぞ拾ひろたか知らん-/浄瑠璃・天の網島 」 〔上代東国方言ではカ変動詞には終止形に付く。「難波道を行きて来-と我妹子わぎもこが付けし紐ひもが緒絶えにけるかも/万葉集 4404」〕 → までにまでも

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まで」の用語解説はコトバンクが提供しています。

までの関連情報

他サービスで検索

「まで」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.