Rakuten infoseek

辞書

ませ【マセ】

デジタル大辞泉

ませ[名・形動]
[名・形動]《動詞「ませる」の連用形から》年齢の割におとなびていること。また、そのさまや、そのような人。早熟。→おませ
「女は―な物ではあり」〈一葉十三夜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ませ[助動]
[助動]《丁寧の助動詞「ます」の命令形》
丁寧の気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意を表す。「どうかお許しくださいませ
丁寧の気持ちを込めて挨拶する意を表す。「ごめんくださいませ
[補説]12とも「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの尊敬語に付いて用いられる。また、「まし」となることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ませ
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔動詞「ませる」の連用形から〕
ませていること。子供が年齢のわりに大人びていること。また、そのさま。そのような子供をもいう。早熟。おませ。 「お-な女の子」 〔「おませ」の形で用いることが多い〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ませ
( 助動 )
〔丁寧の助動詞「ます」の命令形〕
「いらっしゃる」「おっしゃる」「くださる」「なさる」「申す」「召す」などの動詞の連用形に付いて、相手に対して、その動作をするようにという要求を、丁寧の気持ちを含めて言い表す。 「くれぐれも御自愛くださいませ」 「十分お気をつけなさいませ
挨拶あいさつの語句に用いて、語調を丁寧にする。 「お帰りなさいませ」 〔は、元来、「よくお帰りなさいました」のような言い方の省略した形「お帰りなさい」を、命令の言い方と混同して、それに「ます」の命令形「ませ」を付けて、丁寧な気持ちを添えようとしたところからできたもの〕 → まし(助動)ます(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ませ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ませの関連情報

他サービスで検索

「ませ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.