Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ません【マセン】

デジタル大辞泉

ませ◦ん
[連語]
《丁寧の助動詞「ます」の未然形+打消しの助動詞「ぬ(ん)」》丁寧な打消しの表現。「雨はまだ降っており―◦ん」
[補説]現代語では、「ませんでした」が「ません」の過去の意を表すが、近世江戸語では「ましなんだ」「ませなんだ」の形もあり、また、後には「ませんかった」「ませんだった」の形もみられる。
《丁寧の助動詞「ます」の未然形+推量の助動詞「む」の音変化「ん」。近世語》連語「ましょう」に同じ。
「山の井といふ女郎、私かけてあげ―◦んと、杉柄杓とりて」〈浮・色三味線・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ませ‐・ん
[1] (丁寧の助動詞「ます」の未然形に推量の助動詞「む」の変化した「ん」が付いたもの) =ましょう
※浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「山の井といふ女郎、私かけてあげませんと、杉びしゃくとりて」
[2] (丁寧の助動詞「ます」の未然形に打消の助動詞「ん」の付いたもの) 丁寧な打消の意を表わす。
※洒落本・遊子方言(1770)発端「なんぎいたす事じゃ御座りません」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「する事なす事、若輩(めへかた)のやうにゃア参(めへ)りませんはス」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ません」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ませんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.