Rakuten infoseek

辞書

まさ【まさ】

大辞林 第三版

まさ
花崗かこう岩などが風化・分解してできた砂。瀬戸内海沿岸地方や、愛知県・岐阜県下に発達。
富士・愛鷹あしたか山麓の固結した火山灰土の俗称。
左官用の砂混じりの粘土。床の間の壁などに用いる。まさつち。とこつち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

まさの関連情報

他サービスで検索

「まさ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.