Rakuten infoseek

辞書

ぽっくり病【ぽっくりびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ぽっくり病
ぽっくりびょう
健康な状態にあると思われている人が,主として深夜睡眠中に突然大声でうなり,手足を伸ばしたまま急死することがあり,その死亡が突然なので,この名がある。ことに 20~30歳代の男子に多い。死因はほとんどの場合不明。季節的には5~7月が最も多い。剖検上,冠動脈奇形副腎の異常が認められることがしばしばある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぽっくり‐びょう〔‐ビヤウ〕【ぽっくり病】
壮健な青年期の男性が、夜間に突然うめき声を発して急死する病気。心臓などに異常は認められず、原因は不明。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぽっくりびょう【ぽっくり病】
ぽっくり死,原因不明の急性心臓死あるいは青壮年急死症候群ともいわれている。解剖検査を行っても死亡原因の不明な,青壮年の急死を指す。日本において,第2次世界大戦後に監察医務院制度が実施されるようになって,原因不明の急死例がかなりあることが判明し,これにぽっくり病の名がつけられた。外国でも同様のものがあると報告されているが,症例は少ないようである。ぽっくり病はほとんど20歳代から30歳代の青壮年にみられ,男性に圧倒的に多く,女性の14倍である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぽっくりびょう【ぽっくり病】
原因不明の急死の俗称。通常の日常生活をおくっている者が、特に睡眠中などに突然死亡する病気。一見健康な青壮年の男性に多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぽっくり‐びょう ‥ビャウ【ぽっくり病】
〘名〙 健康な日常生活を送っていた者が、ある日突然、原因不明のまま急死する病気。二〇~三〇代の男性に多い。原因については明らかではない。
※人蟻(1960)〈高木彬光〉シャロック・ホームズの手紙「ぴんぴんしていた人間が一晩のうちに、ぽっくり死ぬから、俗にポックリ病というのです」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽっくり病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぽっくり病の関連情報

他サービスで検索

「ぽっくり病」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.