Rakuten infoseek

辞書

ぽう

精選版 日本国語大辞典

ぽう
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 汽笛警笛などの音を表わす語。
[2] 〘名〙 合図などに鳴らす汽笛、警笛などの音。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉面会「さまざまな音色を持って三時の汽笛(ポー)が、方々の工場で鳴りだした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽう
〘接尾〙 人を表わす名詞に付けて、軽蔑の気持を表わす。→っぽう
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)四立「ほんに、いつもの中間ぽう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぽう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぽうの関連情報

他サービスで検索

「ぽう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.