Rakuten infoseek

辞書

ぼんち【ボンチ】

デジタル大辞泉

ぼん‐ち
関西地方で、男の子を親しんで呼ぶ。また、若だんな。ぼんぼん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ぼんち
1960年公開の日本映画。監督・脚本市川崑原作山崎豊子脚色:和田夏十。出演:市川雷蔵若尾文子中村玉緒草笛光子越路吹雪山田五十鈴、船越英二ほか。第11回ブルーリボン賞助演女優賞(中村玉緒)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼん‐ち
〘名〙 男の子を敬って呼ぶ語。坊ちゃん。ぼんぼん。
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)四「コレコレ坊稚(ボンチ)
※春琴抄(1933)〈谷崎潤一郎〉「大阪の旧家に育ったぼんち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼんち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぼんちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.