Rakuten infoseek

辞書

ほどろ【ホドロ】

デジタル大辞泉

ほどろ[名]
ワラビの穂が伸びすぎてほうけたもの。また、ワラビのこと。
「なほざりに焼き捨てし野の早蕨(さわらび)は折る人なくて―とやなる」〈山家集・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほどろ[形動]
[形動ナリ]雪などがはらはらと降るさま。また、うっすらと雪が積もるさま。はだら。
「我が背子を今か今かと出で見れば沫雪(あわゆき)降れり庭も―に」〈・二三二三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほどろ
ワラビの穂が伸びすぎてほうけたもの。また、ワラビの異名。 「なほざりに焼き捨てし野の早蕨さわらびは折る人なくて-とやなる/山家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほどろ
夜が明け始める頃。 「夜の-我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆ/万葉集 754
ころ。時分。 「夜の-に参りて/宇津保 蔵開下

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほど‐ろ
〘名〙
① (「ほど」は、「ほどこる(播)」の「ほど」と同源で、夜の闇がくずれ散る時分という) 明け方
万葉(8C後)四・七五四「夜の穂杼呂(ほドロ)吾が出でて来れば吾妹子(わぎもこ)が思へりしくし面影に見ゆ」
② (①が「ほど(程)(一)(一)②」の意に誤解されたもの) ころ。時分。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「夜のほとろに参りて」
[補注]もっぱら「夜のほどろ」の形で用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほどろ
〘形動〙 雪などが、はらはらと降るさま。また、雪などがまだらに降り積もるさま。まだら。はだら
※万葉(8C後)一〇・二三一八「夜を寒み朝戸を開き出で見れば庭もはだらにみ雪降りたり 一云 庭も保杼呂尓(ホドロニ)雪そ降りたる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほどろ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ほどろの関連情報

他サービスで検索

「ほどろ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.