Rakuten infoseek

辞書

ほつく【ほつく】

大辞林 第三版

ほつく
( 動四 )
うろつく。ほっつく。 「根津音羽はいふに及ばず…蘿蔔圃だいこばたけ(=岡場所ノ名)まで-・いたれど/浄瑠璃・神霊矢口渡」
金を浪費する。 「親仁が金を-・く故/浮世草子・親仁形気」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほつ・く
[動カ四]
あちこち歩き回る。うろつく。ほっつく。
「泣きっ面をして―・きゃあがるから」〈洒・駅舎三友〉
金銭を浪費する。使い果たす。
「親父が金を―・くゆゑ」〈浮・親仁形気・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほつ・く
[1] 〘自カ四〙 うろつく。あちらこちら、うろつき回る。遊び歩く。ほっつく
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「あのやうにほついてはやんがて身代は木賊色でおろすやうに成ってのけふと笑ひける」
[2] 〘他カ四〙 金銭をつぎ込む。使い果たす。費消する。
浮世草子・浮世親仁形気(1720)三「親仁が金をほつく故」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ほつくの関連情報

他サービスで検索

「ほつく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.