Rakuten infoseek

辞書

べみ【ベミ】

デジタル大辞泉

べ‐み
[連語]《推量の助動詞「べし」の語幹「べ」+接尾語「み」》…しそうなので。…はずであろうから。多く「ぬべみ」の形で用いる。
「いた泣かば人知りぬ―」〈允恭紀・歌謡〉
「佐保山のははその紅葉ちりぬ―夜さへ見よと照らす月影」〈古今・秋下〉
[補説]上代に多くみられ、中古には和歌にのみ例がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

べみ
〔推量の助動詞「べし」の語幹相当部分「べ」に接尾語「み」が付いたもの〕
…してしまいそうなので。…するに違いないから。…であろうと思って。 「嘆きせば人知りぬ-山川の激たぎつ心を塞かへてあるかも/万葉集 1383」 「秋萩を散り過ぎぬ-手折り持ち見れどもさぶし君にしあらねば/万葉集 2290」 「出でていなば限りなる-灯ともし消ち年経ぬるかと泣く声を聞け/伊勢 39」 〔上代語。中古には和歌にのみ用例が見られる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べみの関連情報

他サービスで検索

「べみ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.