Rakuten infoseek

辞書

べく【べく】

大辞林 第三版

べく
( 助動 )
〔助動詞「べし」の連用形〕
推量の助動詞「べし」の残存形として、現代語でも、可能な動作・作用や、実現の可能性のある事態を述べるのに用いる。 「来年の博覧会開催に間に合わせるべく、突貫工事が行われている」 「現在の生産量を維持すべく最大限の努力をしている」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べくの関連情報

他サービスで検索

「べく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.