Rakuten infoseek

辞書

べい【ベイ】

デジタル大辞泉

べい[助動]
[助動][○|○|べい|べい|○|○]《推量の助動詞「べし」の連体形「べき」の音変化》「べし」に同じ。「さあ、行くべい
「がいに手間を取るべい所で難義をしべい」〈雑兵物語・上〉
「おのらが口から言ひにくくば、身共が直に言ふべい」〈浄・千本桜
[補説]「べい」本来の連体形の用法は平安時代から見られるが、終止用法を有する「べい」は、中世以降、東国を中心に行われた。現代語では、「べい」の音変化形「べ」「ぺ」の形を含めて、関東・東北方言などで終止用法として、多くは推量・意志・勧誘の意で用いられる。また、「べい」の接続は、「べし」と同じく活用語の終止形(ラ変型には連体形)に付くが、しだいに複雑化し、江戸時代の東国方言では、カ変動詞の未然形連用形、サ変動詞の連用形、上一段・下一段活用の未然形(または連用形)にも付くようになる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

べい
( 助動 )
〔助動詞「べし」の連体形「べき」の音便の形〕 接続のしかたおよび意味は助動詞「べし」に同じ。 「命こそかなひがたかべいものなめれ/源氏 澪標」 「今行く末はあべいやうもなし/更級」
が文末に用いられ、終助詞的になったもの。中世後期以降の用法。近世東国語では「べえ」とも〕
推量の意を表す。…だろう。 「其もありつべいぞ/史記抄 5」 「今日は川越が有るべいに/雑兵物語」 「お前がたの様な江戸衆にやあ何をいつてもわらわれべえと思つて/洒落本・道中粋語録」
話し手の意志を表す。…しよう。 「雁でござる。うるべいか/狂言・雁盗人」 「いまの銭で蕎麦でも喰ふべい/滑稽本・膝栗毛 2」 「語るべえと思ふ事もかたられねえちやあ/洒落本・道中粋語録」
相手の動作を勧誘する意を表す。 「さあ〱、どいつでも出やあがれ。あかるい所で勝負しべい/滑稽本・浮世風呂 4」 〔 (1) 「べし」の連体形「べき」の音便の形として、「べい」は中古の会話文などから見られる。 (2) は中世後期以降の用法で、東国語として多く用いられるようになる。特に、近世においては東国方言の特徴ある言い方とされ、「べいべい言葉」「関東べい」などとも呼ばれる。 (3) 近世後期の東国方言において、「べい」の接続は、四段活用には終止形、上一段・下一段活用には未然形に付く。カ変には「こ」「き」または「く」、サ変には「し」または「す」に付く。 (4) は、現代でも、関東方言または東北方言などで用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べい
( 副助 )
〔「ばかり」の転。「べえ」とも。近世江戸の俗語〕
数量を表す語に付いて、おおよその分量・程度を表す。ほど。くらい。 「なんでも金なら五十両-のかさだが/洒落本・呼子鳥」
名詞に付いて、限定の意を表す。だけ。 「酒-食くらつてなまけるから、をさまらねえ/滑稽本・浮世風呂 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

べいの関連情報

他サービスで検索

「べい」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.