Rakuten infoseek

辞書

【ヘ】

デジタル大辞泉

へ[五十音]
五十音図ハ行の第4音。咽頭の無声摩擦子音[h]と母音[e]とから成る音節。[he]
平仮名「へ」、片仮名「ヘ」は、ともに「部」の旁(つくり)「阝」の草体から。
[補説](1) 「へ」は、古くは両唇の無声摩擦子音[Φ]と母音[e]とから成る音節[Φe]であり、さらに奈良時代以前には[pe]であったかともいわれる。室町時代末までは[Φe]であったが、江戸時代に入り、[he]となった。(2) 「へ」は、安時代半ば以後、語中語尾では一般に[we][je]と混同し、室町時代末には[je]と発音されたが、のちさらに[e]と発音されるようになった。これらは歴史的仮名遣いでは「へ」と書くが、現代仮名遣いでは、助詞「へ」以外はすべて「え」と書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ[感]
[感]
応答のとき、軽くへりくだった気持ちを示して発する声。「、恐れ入ります」
こばかにする気持ちを表すときに発する声。ふん。へん。「、つまらないことを言うね」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ[格助]
[格助]《現在では「え」と発音する》名詞に付く。
動作・作用の移動・進行する目標地点・方向を表す。…の方向に向かって。…の方へ。「西向かう」
「今日(けふ)、車、京―とりにやる」〈土佐
動作・作用の行われる場所・帰着点を表す。…に。「庭物を捨てるな」「父も母も留守のところ訪ねてきた」
「十月十四日、関東―下着(げちゃく)」〈平家・八〉
動作・作用の向けられる相手・対象を表す。…に対して。…に。「父送った手紙」「お母さんよろしくお伝えください」
「われらが主の太政入道殿―、いかで参らであるべき」〈平家・二〉
[補説]「あたり」の意を表す名詞「辺(へ)」から転じたもの。本来は「に」が場所や動作・作用の帰着点を静止的に指示するのに対し、「へ」は、動作・作用の向かう目標を移動的に指示する傾向が強い。しかし、平安時代末ごろから、23の用法が生まれ、「に」との境界がしだいにあいまいになる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図ハ行第四段の仮名。声門摩擦音の無声子音と前舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「ヘ」、片仮名「ヘ」は、ともに「部」の旁つくり「⻏」の草体から。 〔 (1) 「へ」の頭子音は、古くは両唇摩擦音の無声子音であり、さらに奈良時代以前には両唇破裂音であったかといわれる。中世末期まで両唇摩擦音であったが、近世以降現代語と同じ音になった。 (2) 「へ」は平安時代半ば以降、語中語尾では一般に「ゑ」「え」と同じ音になった。これらは、歴史的仮名遣いでは「へ」と書くが、現代仮名遣いでは、助詞「へ」以外はすべて「え」と書く。 (3) 奈良時代までは、上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 感 )
へい(感) 」に同じ。
相手をこばかにしたときに発する語。へん。 「 -、あの人が大臣だなんて」 → へえ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 格助 )
〔現在では「え」と発音。「あたり」の意の名詞「へ(辺)」から〕
動作・作用の向けられる方向を示す。 「東-進む」 「佐渡-佐渡-と草木もなびく」 「秋風に大和-越ゆる雁がねはいや遠ざかる雲隠りつつ/万葉集 2128
動作・作用の向けられる対象を示す。 「君-のお願い」 「当局-陳情する」 「巻物三巻を作りて、院-まゐらせけれども/平治 上・古活字本
動作・作用の帰着点を示す。 「東京-着く」 「山頂-たどりつく」 「また仁和寺-帰りて、親しきもの、老いたる母など、枕上によりゐて/徒然 53
動作・作用の行われる場所を示す。 「使いの者が玄関-来ています」 「郎等ガオ庭-祗候しこうツカマツッタコトモ/天草本平家 1
(「…たところへ」「…ているところへ」などの形で)動作・作用の行われる事態を表す。 「ちょうど寝たところ-、お客が来た」 「風呂にはいっているところ-、電話がかかってきた」 〔 (1) 上代からある語で、 すなわち移動性の動作の目標を示すのが原義。 (2) は中世以降見られるようになったもの。「へ」は、時代のくだるに従ってその用法を拡大し、現代では同用法の「に」とともに広く用いられるようになった。しかし、「へ」は「に」にくらべて、その方向指示性・移動性をより強く表す語であるといえる〕 → に(格助)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第6行第4段の仮名で、平仮名の「へ」は「部」のつくり部分の草体からなり、片仮名もその略体である。万葉仮名には2類あって、甲類に「敝、、弊、蔽、平、弁、反、陛(以音仮名)、重、部、隔(以上訓仮名)」、乙類に「倍、陪、閇、閉、拜、俳、沛、杯(以上音仮名)、經、(以上訓仮名)」などが清音に使われ、濁音仮名としては、甲類に「弁、便、別、辨、謎(以上音仮名)、部(訓仮名)」(「弁、部」は清濁両用)、乙類に「倍、毎(以上音仮名のみ)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(部)」「(邊)」「(遍)」「(幣)」などをくずしたものがある。音韻的には/he/(濁音/be/、半濁音/pe/)で、喉頭(こうとう)無声摩擦音[](両唇有声破裂音[b]、両唇無声破裂音[p])を子音にもつ。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

への関連情報

他サービスで検索

「へ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.