Rakuten infoseek

辞書

へこへこ【ヘコヘコ】

デジタル大辞泉

へこ‐へこ
[副](スル)
張りがなく、へこんだり、ゆがんだりしやすいさま。「へこへこ(と)しなう下敷き」
頭をしきりに下げるさま。また、へつらうさま。ぺこぺこ。「課長にへこへこする」
[形動]1に同じ。
「―になりたる麦藁帽子を」〈逍遥当世書生気質
[アクセント]コヘコ、はへコヘコ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へこへこ
( 副 ) スル
押すとたやすくへこみしなうさま。 「ブリキ板が-する」
人にへつらうさま。ぺこぺこ。 「上司に-してばかりいる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へこ‐へこ
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 弱々しくたわみやすいさまを表わす語。
※俚言集覧(1797頃)「へこへこ 小児の戯言にをばばへこへこと云板片木なとのしなふ意」
② =ぺこぺこ(一)①
咄本・今歳咄(1773)ぢぢとばば「ばばもよろこんでへこへこして行れたが、とほうもなくひまが入から」
③ =ぺこぺこ(一)③
※咄本・蝶夫婦(1777)大食の後悔「ハイ。まだ今朝から給べませぬから、イッソ腹がへこへこいたします」
[2] 〘形動〙 使いこんで、弱々しくなったさま。また、疲労したさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「去年の夏買ひしと見ゆる、へこへこになりたる麦藁帽子を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へこへこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

へこへこの関連情報

他サービスで検索

「へこへこ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.