Rakuten infoseek

辞書

ぷっと【プット】

デジタル大辞泉

ぷっ‐と
[副]
口先をすぼめて息などを一瞬吐き出すさま。「ブドウの種をぷっと吐き出す」
思わず笑いだすさま。「おかしくてぷっと吹き出す」
ふくれるさま。また特に、怒ってふくれるさま。「風船がぷっとふくらむ」「怒られてぷっとふくれる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぷっと
( 副 )
閉じていた口を押し開いて息などが出る音を表す語。 「おかしくて-ふき出す」 「ラッパが-鳴った」
吐き出すさま。 「ガムを-吐き出す」
ふくらむさま。 「 頰を-ふくらませる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぷっ‐と
〘副〙
① 口先をすぼめて息やつばきを勢いよく出す時の短くて鋭い音、また、そのさまを表わす語。
※門三味線(1895)〈斎藤緑雨〉二一「ぷっと掛けし唾」
② 放屁する際の音を表わす語。
③ 思わず吹き出すさまを表わす語。
※マイクとともに(1952)〈藤倉修一〉マイクこぼれ話「きいていて思わずプッとくるような間違いは」
④ 怒ってふくれるさまを表わす語。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「お梅はぷッと膨れて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぷっと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぷっとの関連情報

他サービスで検索

「ぷっと」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.