Rakuten infoseek

辞書

ぷうん【プウン】

デジタル大辞泉

ぷうん
[副]《「ぷーん」と書くことも多い》
強いにおいが漂っているさま。強いにおいがしきりに鼻をつくさま。比喩的にも用いる。「台所からカレーのにおいがぷうんとしてくる」「昼間から酒のにおいをぷうんとさせている」「犯罪のにおいがぷうんとする」
高い音が小さく響くさま。「ハエがぷうんと飛び回る」
ひどく怒って機嫌の悪いさま。「不機嫌そうにぷうんそっぽを向く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぷうん
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 強烈な匂いが漂ってくるさまを表わす語。
※落語・神仏混淆(1891)〈三代目三遊亭円遊〉「此石鹸(しゃぼん)の香気(にほひ)がプーンと為ます」
② 低く小さい共鳴音を表わす語。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「六尺ばかりの棒杭を、物をも言はずプウンと投げた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぷうん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぷうんの関連情報

他サービスで検索

「ぷうん」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.