Rakuten infoseek

辞書

ぶら【ブラ】

デジタル大辞泉

ぶら
《「ぶらぶら」から》
ぶらぶら垂れ下がったもの。
「足が二本―になったっけが」〈滑・浮世風呂・四〉
ぶら提灯(ちょうちん)」の略。
「その―はよしな、弓張りがよいよ」〈滑・虚誕計〉
地名を表す語に付いて、そこをぶらぶら歩く意を表す。「銀(=銀座)ぶら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶら
ぶらぶらと歩くことを略していう語。地名などの後に付けて用いる。 「銀(=銀座)-」 「道どう(=道頓堀どうとんぼり)-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶら
[1] 〘名〙 (「ぶらぶら」から)
① ぶらぶら垂れ下がったもの。
(イ) 楊弓場で、的の下に垂らすおもりなど。
雑俳・川柳評万句合‐宝暦一〇(1760)礼一「ぶらの無い矢取りではやるやうきう場」
(ロ) 骨折して力を入れることのできない脚など。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「彦が胻骨(むかふずね)を、ぽきィりと扑折(たたっくぢ)くと、足が二本ぶらに為ったっけが」
② ぶらぶら遊び歩いている者。遊蕩者。放蕩者。
※歌謡・松の葉(1703)二・木やり「京のぶらと大阪のぶらとお江戸のぶらと、三千人のぶらどもが」
③ (形動) むなしくなること。ふいになるさま。
※浮世草子・新吉原常々草(1689)上「物日の約束はぶらなり」
※洒落本・二日酔巵觶(1784)「ぶらをともし」
※雑俳・幸々評万句合‐安永二(1773)賦二「旅芝居庄屋のむすめぶらをやみ」
⑥ 「てぶら(手━)」の略。
※雑俳・川柳評万句合‐明和元(1764)天二「世話ちんに遣り手は紋をぶらで付け」
[2] 〘接尾〙 地名などを表わす語に付いて、そこをぶらつく意を表わす語。
※音引正解近代新用語辞典(1928)〈竹野長次・田中信澄〉「例へば銀ぶらと云へば銀座をぶらぶら散歩する事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぶらの関連情報

他サービスで検索

「ぶら」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.