Rakuten infoseek

辞書

ふう【フウ】

デジタル大辞泉

ふう
[感]相手の話に感心したり、あきれたりしたときに発する語。
「―、お客とか」〈滑・浮世風呂・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① =ふうっと
名語記(1275)五「のふうとふく、如何」
② =ふうっと
草枕(1906)〈夏目漱石〉三「女の影がふうと現はれた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう
〘感動〙 他人の話に軽く応じる時、また、感心したり、あきれたりした時にいうことば。ふん。
※虎寛本狂言・宗論(室町末‐近世初)「フウ。わごりょの形(なり)を最前からつくづくと見るに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ふうの関連情報

他サービスで検索

「ふう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.